まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
石田雄二

会社設立と銀行融資のプロ

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

コラム

『職場定着支援助成金(個別企業助成コース)について』

銀行融資・補助金

2016年5月11日

「職場定着支援助成金(個別企業助成コース)」は、事業主が
人材の定着・確保を図るために雇用管理の改善を行う場合に、
助成してくれる制度です。

この助成金には、新たに雇用管理制度の導入・実施を行った場
合の【制度導入助成】と、雇用管理制度の適切な運用を経て従
業員の離職率の低下が図られた場合の【目標達成助成】があり
ます。

それぞれの概要をみておきましょう。

1.制度導入助成
(1)雇用管理制度整備計画の作成・認定
次の[1]から[4]の雇用管理制度の導入を内容とする雇用
管理制度整備計画を作成し、管轄の労働局の認定を受けます。          
[1]評価・処遇制度
[2]研修制度
[3]健康づくり制度
[4]メンター制度

(2)雇用管理制度の導入・実施
雇用管理制度整備計画に基づき、当該雇用管理制度整備計画の
実施期間内に、雇用管理制度を導入・実施します。

(3)助成金額
1制度の導入・実施につき10万円が支給されます。

2.目標達成助成
(1)離職率の低下
雇用管理制度導入・実施の結果、雇用管理制度整備計画期間の
終了から1年経過するまでの期間の離職率(評価時離職率)を、
雇用管理制度整備計画を提出する前1年間の離職率(計画時離
職率)よりも低下させます。

(2)離職率を低下させる目標値
事業所における雇用保険一般被保険者の人数規模に応じて定め
られた目標値があります。
・10人未満・・・15%ポイント
・10人以上30人未満・・・10%ポイント
・30人以上100人未満・・・7%ポイント
・100人以上300人未満・・・5%ポイント
・300人以上・・・3%ポイント
例えば、雇用保険一般被保険者の人数が50人の場合は7%ポ
イントの低下が目標値となりますので、計画時離職率が15%
であれば評価時離職率を8%以下にすることが必要となります。
(計画時離職率が7%以下の場合は評価時離職率を0%にする
ことが必要となります。)

(3)助成金額
目標達成により60万円が支給されます。
複数の雇用管理制度を導入した場合も金額は変わりませんので、
4つの制度をすべて導入・実施して目標達成した場合は合計
100万円が支給されます。

雇用管理の改善を図るために雇用管理制度(評価・処遇制度、
研修制度、健康づくり制度、メンター制度)の導入等をお考え
の事業主様は一度ご検討ください。

この記事を書いたプロ

石田雄二

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二プロのその他のコンテンツ

Share

石田雄二プロのその他のコンテンツ