まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
石田雄二

会社設立と銀行融資のプロ

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

コラム

危険な借入

銀行融資・補助金

2014年10月22日

本日は、融資のリスクについて考えてみます。

融資のリスクと言うと、銀行から見た「回収出来ないリスク」を考えがちですが、
企業側から見た「返済出来ないリスク」も融資のリスクです。
「どれくらい借入出来そうですか?」と聞かれることが良くありますが、
答えは「どれくらい返済出来そうですか?」と言うことです。

最も安全な借入は運転資金です。既に販売先が決まっている場合の仕入資金、毎月安定した売上実績が
出ている中での経常運転資金は、安心して借りることができるでしょう。
しかし、(開業時など)販売実績の無い商品を見込みで仕入れる場合、その資金を借りるのは勇気が必要です。
従って貸す方も、最初の仕入資金(種銭)は自己資金で調達するのが原則と考えています。

設備資金は、金額が大きいため運転資金よりも慎重になります。運転資金同様、
既に稼働している機械の買い替え資金や、工場の移転資金等は、比較的安心して借りることができるでしょう。
しかし、工場や店舗を初めてつくる際に、資金を借りるのは勇気が必要です。
計画通りに業績が推移しなければ返済が出来なくなってしまいますので、
何度も検討を重ねて無理のない計画を立てる必要があります。

最も危険な借入は赤字の補てん資金です。
運転資金や設備資金を借りるときには慎重に検討するにもかかわらず、
赤字資金は、目先の支払いに追われているため、返済のあてもないままに借入をしてしまいます。
普通の精神状態では無いため、条件の悪い借入をしているケースも多くあり、
返済できる可能性が限りなく低い借入になります。

赤字で支払いが出来ない場合は、新たな借入をするのではなく、既存の支払先に事情を説明して
待ってもらうことが最優先です。相当の勇気がいりますが、新しい借入に逃げてしまえば傷が深くなるばかりです。
普段から、返済計画を立てたうえで借入をする習慣を身につけていれば、
いざという時でも冷静に対処できるかもしれません。

この記事を書いたプロ

石田雄二

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二プロのその他のコンテンツ

Share

石田雄二プロのその他のコンテンツ