まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
馬渕高広

顧客本位の完全自社施工で信頼を高める建築塗装のプロ

馬渕高広(まぶちたかひろ)

馬渕塗工

お電話での
お問い合わせ
058-337-0840

コラム

屋根の塗装について シーラー下塗り2回目 タスペーサー挿入

屋根塗装

2017年9月30日 / 2017年12月25日更新

下塗りの続きになります。
弊社の基準になるまで下塗りをします。塗装工事を成功させるには下塗りが重要になります。
カラーベスト等で吸い込みがあるものは、下塗りで吸い込みが止まるまで塗ってその上に上塗りを塗装するのが重要なのです
では、下記の画像を見ていきましょう。

下塗り2回目
上記の画像は、下塗りの2回目も刷毛で隅をきちんとダメ込んでいるところです

下塗り2回目1
上記の画像は、刷毛でダメ込みをして広い面をローラーで塗っているところです
次の画像が大切な判断基準になります

下塗り2回目2
下塗りを2回塗り終わったところです。どうでしょう?前回のコラムの画像と比較して濡れ感が凄い分かりやすく出ています。
弊社の基準としては上記の画像になるまで下塗りをするのが標準とさせて頂いております。

タスペーサー
タスペーサーの設置の仕方の画像です。上記のように配置します。これはダブル工法と呼ばれ1枚の屋根材に対して2枚使うかためその様に呼んでいます。弊社はダブル工法しか採用しておりません。

タスペーサー1
最後まで差し込んだ画像になります。丸で囲っているところがタスペーサーの位置になります。

タスペーサーと下塗り2回目の写真の色が違う事に気付くと思います。今回は下塗り1回目の後にタスペーサーを設置して下塗り2回目を開始しているためです。
理由としまして、1回目は造膜型を使用して2回目を浸透型を使用しているため、1回目で縁切り作業をした方が作業しやすいためになります。下塗りの性能低下等は一切御座いませんのでご安心して頂ければと思っております。

次の工程は上塗りの開始

この記事を書いたプロ

馬渕高広

馬渕高広(まぶちたかひろ)

馬渕高広プロのその他のコンテンツ

Share

馬渕高広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
058-337-0840

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

馬渕高広

馬渕塗工

担当馬渕高広(まぶちたかひろ)

地図・アクセス

馬渕高広プロのその他のコンテンツ