まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
馬渕高広

顧客本位の完全自社施工で信頼を高める建築塗装のプロ

馬渕高広(まぶちたかひろ)

馬渕塗工

お電話での
お問い合わせ
058-337-0840

コラム

屋根の塗装について 雪止め・棟板金下塗り

屋根塗装

2017年9月1日 / 2017年12月25日更新

高圧洗浄の後、3日ほど乾燥させてから次の工程に移行します。
高圧洗浄により水をふんだんに吸い込んでいますので、乾燥させないと不具合が生じます。







上記画像では手前にある唐草・棟板金・谷樋・と呼ばれる部分に下塗りを塗ったところです。この部分は塩ビ鋼鈑と呼ばれる材料が使われており通常のサビ止めを使ってはいけない部位になります。専用の材料を使います。
サビていたところは、きちんとケレンしてサビ止めを塗りました。
雪止めは金属でできていましたので、きちんとケレンの後サビ止めを塗りました。

塗り分けるのがめんどくさいのか分かりませんが、屋根材に使う下塗りの材料をそのまま板金部分に平気で使ってそのまま記載したり動画にして公開している会社もありますので、注意して下さい。

この様に使われている部材に対して、材料を使い分けて最良の材料を選定するのも大切な事になります。
上塗りのグレードも重要ですが、下塗りを間違えた材料を選定していては意味がありません。
使用した材料は最後にまとめて記載させて頂きます。

次の工程はシーラー下塗り

この記事を書いたプロ

馬渕高広

馬渕高広(まぶちたかひろ)

馬渕高広プロのその他のコンテンツ

Share

馬渕高広プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
058-337-0840

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

馬渕高広

馬渕塗工

担当馬渕高広(まぶちたかひろ)

地図・アクセス

馬渕高広プロのその他のコンテンツ