まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
古田昌也

サービス業の視点と職人技術を兼ね備える鈑金塗装修理のプロ

古田昌也(ふるたまさや)

フルタ自動車鈑金

お電話での
お問い合わせ
058-246-1551

コラム

A/T車のエンジンブレーキはどんなブレーキ?

コラムはじめました。

2016年1月30日 / 2017年11月20日更新

こんにちは 岐阜市の自動車キズ・へこみ・板金塗装修理専門工場
青いカンバンが特徴的な フルタ自動車鈑金 (古田鈑金) 古田昌也 です。

そもそもエンジンブレーキとは、一体どんなブレーキのことを言うのでしょうか?エンジンブレーキは、エンジンの回転を利用したブレーキのことで、ギアをシフトダウンする事で回転を抑制しスピードを落とす仕組みになっています。そのため、フットブレーキやサイドブレーキのような装置的なものではなくギアによって自然に働く制動力のことを言うんですがこれは、フットブレーキを使い続ける事により発生するベーパーロック現象及びフェード現象の抑制にも効果を発揮するため、車を運転する上で覚えておきたいテクニックの一つと言えます。

AT車のエンジンブレーキ手順

1.アクセルを離す
2.Dから「O/D機能をオフ」か「2にシフトダウン」する
3.フットブレーキを使いながら速度を落とす
4.更に速度を落としたい場合は「O/D機能をオフ」か「2から1にシフトダウン」する
5.フットブレーキを使いながら速度を調整する

AT車は、Dレンジからシフトダウンするとことで、軽いエンジンブレーキが掛かり、更にシフトダウンしていくと、より強いエンジンブレーキを使うことができます。また、車によっては、シフトレバーにO/D(オーバードライブスイッチ)が付いている事があります。坂道の勾配や速度に応じて適切なギアを選び、フットブレーキと併用して速度を落とす様にしましょう。

※CVT車のエンジンブレーキ手順
1.アクセルを離す
2.DからSにシフトダウンする(Sが無い場合は項目4へ)
3.フットブレーキを使いながら速度を落とす
4.更に速度を落としたい場合はLにシフトダウンする
5.フットブレーキを使いながら速度を調整する

CVT車の構造上、SレンジやLレンジにシフトダウンしたからと言って、すぐに速度が変わるということはありません。そのため、ある程度はフットブレーキで減速しながら速度を調整する必要があります。近年は燃費向上のためにCVTが採用され始めています。

=== 安心・信頼の「くるまの総合病院」 ===

フルタ自動車鈑金
古田 昌也
〒500-8135 岐阜市織田塚町1-12
TEL:058-246-1551
ホームページアドレス
http://www.furuban1551.com/

= くるまをいつまでもキレイにながく経済的に! =

この記事を書いたプロ

古田昌也

古田昌也(ふるたまさや)

古田昌也プロのその他のコンテンツ

Share

古田昌也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
058-246-1551

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古田昌也

フルタ自動車鈑金

担当古田昌也(ふるたまさや)

地図・アクセス

古田昌也のソーシャルメディア

facebook
Facebook

古田昌也のソーシャルメディア

facebook
Facebook