マイベストプロ青森
北山豊

メーカーや年式を問わず対応するパソコンサポートのプロ

北山豊(きたやまゆたか) / パスコンサポート

アイピーコンフィグ株式会社

コラム

古いOSを使うには訳があるけど…壊れたらどうしますか?

2019年8月8日 公開 / 2020年1月30日更新

テーマ:ITのちょっとした活用術

コラムカテゴリ:ビジネス

最近ご訪問したお客様で、WindowsXP や Windows98 をまだ
現役で使っているお客様が何名がいらっしゃいました。
いずれも事業者様で仕事でご利用しているPCです。
これらのPCは15年~20年以上たっているマシンばかりで
人間でいえば100歳以上の高齢者を毎日働かせているといった
感じだと思います。いつパソコンが壊れてもおかしくない状況です。
しかも壊れると部品が無く修理ができなそうなパソコンばかりです。

 そこでこんな方法をご提案させていただきます。
最近はパソコンの性能もアップして仮想化技術も日常利用レベルなので
現在のWindows10のパソコン上に仮想のPCを構築するというものです。

例えばXPのパソコンでなければ動作できないソフトを使いたい場合に
XPのPCを用意することは難しいし、、2台あっても場所が必要です。
そんなときにWIndows10 Pro版には標準搭載されているHyper-Xという
技術で仮想のPCを構築できます。
最近のPCであれば高性能、大容量なので十分実用可能です。

WIndows10の上でXPを動作させる

この記事を書いたプロ

北山豊

メーカーや年式を問わず対応するパソコンサポートのプロ

北山豊(アイピーコンフィグ株式会社)

Share
関連するコラム