まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
篠原裕堅

ジュエリーとカラー分析のプロ

篠原裕堅(しのはらひろみ)

ジュエリーコンシェルジュ=篠原貿易(株)

コラム

花嫁の胸元を飾るのは。

2011年4月18日 / 2014年6月4日更新

最近のウェディングドレスは,デコルテを見せるビスチェタイプのものがほとんどです。
そして、皆さんとても綺麗に着こなしていらっしゃいます。
胸元があいているのは、若々しくとても綺麗。
でも本物のジュエリーを着けてみるとさらに綺麗です。


そこで、このゴージャスなネックレスの登場です。
名前がついています。




”White Garland”という名前です。
デザインコンセプトは、”100年ジュエリー”。
丁度、今から100年前にこういった作りのジュエリーがヨーロッパの貴族の間で大流行しました。
ダイアモンドを使用し、花模様と草のモティーフを繰り返していくデザインをガーランドと
呼んでいました。
プラチナの加工技術も発達し、非常に小さなダイアモンドを留めれるようにもなりました。
また、ダイアモンドがとめられないような地金の先まで、装飾を施していきました。
まさに手作業の集大成です。


現代のように、明るい光りが充分届いていない部屋でも、
綺麗に輝くダイアモンドのネックレスはさぞかし女性を美しく見せたことでしょう。

同じように、このネックレスが、結婚式の幸せな花嫁の胸元を飾り、
花嫁を、一番美しく見せるはずです。


レンタルジュエリーとして展開している製品です。
センターには、1.01ctのマーキスのダイアモンドが輝いています。

是非、最高の一日のために、最高のジュエリーを。

この記事を書いたプロ

篠原裕堅

篠原裕堅(しのはらひろみ)

篠原裕堅プロのその他のコンテンツ

Share

篠原裕堅プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-237-1141

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

篠原裕堅

ジュエリーコンシェルジュ=篠原貿易(株)

担当篠原裕堅(しのはらひろみ)

地図・アクセス

篠原裕堅プロのその他のコンテンツ