まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
細井正大

遠近両用を得意とするメガネのプロ

細井正大(ほそいまさひろ)

株式会社ソシエハシヅメ

細井正大プロのご紹介

遠近両用メガネに特化した、より専門的で質の高いサービスを提供(1/3)

細井正大 ほそいまさひろ

眼のクセをいち早く発見し、見え味を整えるのが、認定眼鏡士の仕事です。

 富山市を中心に県内外に13店舗を構えるソシエハシヅメは、メガネ、宝飾、時計の専門店。いつも最先端の商品とタイムリーな情報を提供しながら、顧客へのきめ細かなサービスで信頼を集める人気店。2014年には90周年を迎えた老舗です。そしていま、100周年に向けて、さらに進化したサービスが始まっています。

 富山市豊田本町の国道8号線そばのハシヅメ眼鏡院豊田店は、県内ではあまり例のない遠近両用メガネに特化した、より専門的で質の高いサービスが受けられるお店です。営業統括本部長の細井正大さんは、「SS級認定眼鏡士」の資格を持ち、その方に合ったメガネづくりとサービス、日々進化するメガネについての勉強に努力を惜しまないプロフェッショナル。ソシエハシヅメ全体でも、メガネを取り扱う9店舗の店長全員が「認定眼鏡士」の資格を取得した、注目のプロ集団です。では、認定眼鏡士とはどんな資格なのでしょうか。

 「アメリカでは、オプトメトリストという検眼の専門家がいて150年の歴史があります。メガネを使うことで、眼の機能を落とさないようにする、トレーニングによって眼の機能を回復させる、そんな役割を担うプロです。日本ではオプトメトリスト制度はありませんが、認定眼鏡士は、メガネ作りにおいて最先端の技術レベルと知識でお客さまの『視生活』を守り、生活の質を高めるためのビジョンケアをするプロ。これからは、無くてはならない存在だと言われているんですよ」

せっかくメガネを作ったのに、使い心地に満足できなかった経験はありませんか。実は、眼にはその人なりのクセがあるとか。「メガネを着けて眼が疲れたり、首や肩が痛い、物がにじんで見える、運転しにくい、歩きにくいというのは、実は視力や度数以外の問題もあり、眼のクセや、眼球運動に合っていないレンズ設計で装用しているケースが多いのです。そこで、眼の機能や使用環境をいち早く察知し見極めて、『貴方だけの完璧な見え味を整える』のが、私たち認定眼鏡士の仕事であり使命です」

細井正大プロのその他のコンテンツ

Share

細井正大プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-491-8686

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

細井正大

株式会社ソシエハシヅメ

担当細井正大(ほそいまさひろ)

地図・アクセス

細井正大プロのその他のコンテンツ