まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
梶澤知恵子

皮膚科治療のプロ

梶澤知恵子(かじさわちえこ)

皮膚科ちえこクリニック

お電話での
お問い合わせ
0766-64-0707

コラム

スギ花粉皮膚炎

ひふの疾患

2011年4月19日 / 2012年4月21日更新


今年は例年よりスギ花粉の飛散量が多いそうで、症状にお悩みの方もたくさんいらっしゃることと思います。

スギ花粉症では目のかゆみや充血やくしゃみ、鼻水、はなづまりなどの症状がおこりますが、

スギ花粉症の方のひふに花粉がつくことにより、痒みや赤みを伴うしっしんのようなひふ症状がおこることがあります。

まぶたが赤くかさかさしたり、ほほやくびなども赤くかゆくなるなど、

顔、目のまわりや首などの露出部にみられることが多くスギ花粉皮膚炎とよばれています。

洗顔や化粧時のこすりすぎによるひふバリア機能の障害があると

スギ花粉抗原がひふの角層を通過しやすくなり、皮膚炎がおこりやすくなるといわれています。

・洗顔化粧時に過度にこすったりしないようにする。

・外出時は帽子やめがね、マスク、スカーフなどで防御し花粉が付着しにくいようにする。

・外出後は顔、首を水でそっと洗い流しておく。

・保湿をこころがける。

などが発症の予防につながります。

治療は抗ヒスタミン剤やアレルギー剤の内服、ステロイド外用剤等で行います。

スギ花粉による皮膚炎は目や鼻の症状がなくても起こることがあります。



皮膚科治療のプロ 皮膚科ちえこクリニック 梶澤知恵子

取材記事はこちら http://pro.mbp-toyama.com/chiekocl/

この記事を書いたプロ

梶澤知恵子

梶澤知恵子(かじさわちえこ)

梶澤知恵子プロのその他のコンテンツ

Share

梶澤知恵子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0766-64-0707

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梶澤知恵子

皮膚科ちえこクリニック

担当梶澤知恵子(かじさわちえこ)

地図・アクセス

梶澤知恵子のソーシャルメディア

youtube
youtube
2018-04-30
instagram
instagram
twitter
twitter
2018-08-15
rss
rss
2018-08-08
facebook
facebook
google-plus
google-plus

梶澤知恵子プロのその他のコンテンツ