まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
小池理雄

米本来の美味しさを届け・伝える五ツ星お米マイスター

小池理雄(こいけただお)

有限会社小池精米店

お電話での
お問い合わせ
03-3400-6723

コラム

お米新時代到来について

お米業界について

2016年1月27日

皆さん、こんにちは。

小池精米店・三代目、五ツ星お米マイスターの小池理雄(ただお)です。

少し前になりますが、昨年の12月に読売新聞オンラインに私が寄稿したコラムが掲載されました。

勝つコメ、負けるコメ…「ご当地米」戦国時代

内容の詳細につきましては上記URLに譲るとして、この記事を執筆して再確認できたのは、

「自分の想像以上に、お米ブームが押し寄せてきている」

ということです。



お米は私たちの命をつなぐ大切な食糧。

それは今でも変わりません。

ところが今では溢れるほどの食糧があり、特にお米に頼らずとも私たちは生きていけます。

そうなると、単に「美味しいお米」だけでは消費者の皆さんは手を延ばさないのです。

ではどのような付加価値をつけるのか…。

お米ブームに見える諸々の動きは、実は販売側が試行錯誤している「付加価値の見せ方」の諸々の動きに通じるのでは?と思えます。

私は、以前は「生産者や産地の情報」を羅列しておけばいい。

そのように思っていました。

しかし、単に生産者の顔写真を載せるだけでは、単にその地域の紹介をしただけでは、実は差別化にはなっていないのです。

そう、誰もが考えることなのです。

もっと根本を申し上げると

「お米は美味しいのは当たり前」

になっているのです。

そう、もはや味だけでは差別化できません。

私は、生産者や産地情報以外に次のような情報も必要だと思っています。

・農薬の使用状況
・栽培における一工夫
・ジャケット
・コンセプト…人や社会、環境や地球に優しく 配慮しているか
・小分け
・品種の物語  
・どのような味なのか
・どのような料理に合うのか
・玄米、分つき米
・感情移入

もちろん、いっぺんに出すのではなく多少の強弱は必要ですが、このようになるべく多くの切り口を掲げ、いかにお客様の

「心のフック」

に引っかかるかというのが大事なのです。

こういった話はお米に限った話ではないと思いますが、前述しましたようにお米は命をつなぐ食糧であるため、もともとそういった売り方が

不要

な商材でした。

そのため、こういった話が新鮮に映るのです。

先日、ある記者会見に同席しました。

ある会社さんが、非常に高値のお米を販売する…と言う話でした。
何でも、キロ11,000円するとか…。

ここまでくるともはや食糧ではないので、私個人としては好きにはなれませんが、しかしここまでの付加価値がお米に求められている…逆を言えば

「そこまでしなければお米が売れない時代になっている」

…という証左にほかなりません。

コラムにも書きましたが、お米は実は古くて新しい商材です。

これから色々な売り方を考えなくてはいけません。

そういった意味では、非常に面白い業界だとも言えます。

お米の動きに、是非とも注目してみて下さい。

この記事を書いたプロ

小池理雄

小池理雄(こいけただお)

小池理雄プロのその他のコンテンツ

Share

小池理雄プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3400-6723

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小池理雄

有限会社小池精米店

担当小池理雄(こいけただお)

地図・アクセス

小池理雄プロのその他のコンテンツ