まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
河本扶美子

個人事業主・中小企業経営者のためのブランディングアドバイザー

河本扶美子(かわもとふみこ)

株式会社ファーストブランド

お電話での
お問い合わせ
03-3370-7800

河本扶美子プロのコラム一覧:パーソナルブランディング

パーソナルブランドは社長と社員という関係であっても有効であるとお伝えしてきました。そして、前回は社長から「貢献」という行動を起こすことが大切であるとご紹介しました。引き続き、パーソナルブランディングの観点から紐解いてみましょう。  スキルとマインド 以前、人の心を動かすため...

パーソナルブランドは会社の中での「立場」が変わっても必要なものです。仕事とプライベートでの切り離し。つまり、社長は社長、社員は社員という考え方には何が足りていないのか、パーソナルブランディングの観点から紐解いてみましょう。 社長と社員は、親と子供の関係に似ている 社長は会社...

パーソナルブランドを構築し、「強み」を理由に選ばれ続ける人になるためには様々な要素が必要になりますが、「顧客満足やその先の感動を届ける」という意味で外せないのが「スキル」と「マインド」の両方を持ち続けることです。 顧客を喜ばせるには、スキルとマインドの両方が必要 選ばれ続け...

パーソナルブランディングは、あなたの強みを理由に選び続けてくれるファンをつくることです。これまでにご紹介したアプローチであなた自身の「ブランド」(あなただけの強み、魅力、あなたらしさ)を見つけたら、それを磨き続けることになります。さて、今回は視点を変えて、「あなたのパーソナ...

パーソナルブランドは「応援してくれる味方をつくる」という意味では、職種や公私に関係なく、誰もが持つべきものでした。それは会社の中での「立場」が変わっても同じです。 制作部のマネージャーから言われた言葉 「立場」が変わってもパーソナルブランドの考え方が大切だという考えは、...

パーソナルブランドを構築してファンを獲得するには「顧客満足やその先の感動を届ける」必要があり、「スキル」と「マインド」の両方を持つことが重要です。まずは前回のおさらいをした上で、スキルとマインドの伸ばし方を見ていきましょう。 「おいしい!」に必要なのは「スキル」?「マイン...

これまで「パーソナルブランド」「ブランド」について様々な角度から見てきましたが、そもそもブランドとは何でしょうか?今一度おさらいしつつ、「ブランド」がある意義について考えてみましょう。 ブランドとは? 「有名ブランド品は広告費を使っているから、原価はこんなに安いのに販売...

経営もブランディングも、「成功者の事例を適用して同じように成功しよう」という考え方では、期待する結果を出すことはできません。それはなぜでしょうか?考えてみましょう。 成功のセオリーはない 他社の成功事例を見た時、あなたはどうしていますか?「この企業と同じことをやれば、同じ...

今回は、ちょっと番外編です。パーソナルブランディングを行う上で役に立つ「思考法」はいろいろありますが、様々な時に活きる考え方をお伝えします。 最初から「やりたいことだけをやる」のはほぼ不可能 あなたが好きなこと、そして、世の中があなたに求めることの共通するところを軸とし...

プライベートでパーソナルブランディングを行うため、前回は自分の魅力の軸の見つけ方について見てきました。今回はその魅力を伸ばす方法を考えてみましょう。 あなたの魅力をアップする方法 魅力の軸が見つかったら、あとはそれに磨きをかけていきましょう。といっても、競争ではありませ...

前回は、パーソナルブランディングは「応援してくれる味方」を増やすことであり、何かしらのコミュニティに属して他者と関わりながら生きていく限り、パーソナルブランディングが有効であることを説明しました。今回も、プライベートにおける「パーソナルブランド」について考えてみましょう。...

今回はビジネスから離れたところにいる人たちの「パーソナルブランド」について考えてみましょう。 「自分自身を応援してくれる人」をつくることは、あなたを元気にする これまで数カ月にわたって「パーソナルブランディング」について見てきました。おさらいですが、パーソナルブランディ...

「企業の永続」について5回にわたって見てきましたが、ここで「長年愛されてきたブランド」が潰えてしまう理由について、考えてみましょう。 「かつてはあんなに盛況だったのに…」そんなお店の共通点 長年愛されて、たくさんのファンを持っていたお店や企業が、ある日突然潰れてしまう。そ...

企業の永続のために、他社にない強みを提供し続けること。しかし、ファンが増えるほど、顧客サービスの追求を継続することは難しくなります。それでは、どんなことに気をつければいいのでしょうか?  「投資できない」ではなく、「投資の方法を変える必要がある」ことに気付く 「顧客が増え...

企業の永続に必要なのは変わらない価値(他社にない強み)を提供し続けること。そのために顧客サービスを「投資」と考え、その評価として利益を得て、得た利益をさらなる顧客満足向上に費やしていくという好循環をつくることが大切でした。しかし、企業の永続の難しさは、継続的に「投資」するとこ...

河本扶美子プロのその他のコンテンツ

Share

河本扶美子のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-08-31
instagram
Instagram
facebook
Facebook

河本扶美子プロのその他のコンテンツ