まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
山口里美

相続で人の心と未来をつなぐサービスマインドの司法書士

山口里美(やまぐちさとみ)

司法書士法人コスモ

コラム

◆親の宝の「実家」を将来の負の遺産にしないために!◆~親の家の片づけから~

親の家の片づけから

2016年8月18日

おはようございます!
司法書士 行政書士 山口里美です。

毎朝5時起床の私は、この数日、目覚めると金メダル速報!
やはり、頑張っているアスリートのプラスのオーラは元気をくれますね!

さて、この夏は「片づけの夏」であることを何度か御伝えしてきました。

親の財産である「実家」が、実は今、子世代にとり大きな負債となりつつあります。

私の親もそうでしたが、高度経済成長期を生きた世代の「持家信仰」は凄いです。
親世代にとり、「家」を買うことは、ある意味では「人生の目標」でした。

ところが、やっと手に入れた郊外の「実家」に住み続ける親に対し、
子世代は仕事の都合で都心に移り住み、ネットワークがその地域で出来上がってくると
将来、親の宝である「実家」に住むということは、ありえない選択肢となります。

「持家信仰」の親世代は、子世代に家を残せば、
財産の一部になるとか、別荘の代わりとして使ってくれるだろうと思っています。

でも、実際の子世代にとり、
年に数回、帰省することすら難しいぐらい忙しく、
郊外の家の手入れのためだけに休みを使うことは、とてもとても大変なことなのです。

又、親世代は子世代に残せば、「兄弟間で相談して何とかしてくれるだろう」と思いがちですが、
共有にしてあることがまた大問題。
兄弟の一人でも反対すれば、売るという決断ができず、そのまま空き家になってしまうことも少なくないのです。

親の財産の「実家」は、将来の負債になる時代なのです。

もし、「実家」を手放すのであれば、早い方が良い。
そのためにも、先ずは、片づけをご一緒に進められるのが良いでしょう。
片づいているといないとでは、手放すときの価格の差にも違いが出るのです。

今日も笑顔の一日でありますように!


※発売中の「婦人公論ムック本」に大人片づけが掲載されています!
  ↓ ↓



☆私どもコスモには、「大人片づけアドバイザー」を有するスタッフもおり、ご相談を承ります。

  ↓ ↓ ↓

☆人と企業の思いを次世代につなぎます 「司法書士法人&行政書士法人 コスモ」

 http://www.cos-mo.jp/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お問い合わせはこちら!

東京駅八重洲南口徒歩3分!
司法書士 山口里美へのお問い合わせはこちら。
  ↓
http://mbp-tokyo.com/cosmo/detail/

電話03-6703-0044(受付08:50~17:50)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナーに関するお問い合わせ、
司法書士法人コスモグループについてはこちら。
http://www.cos-mo.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Facebookページはこちら☆
http://www.facebook.com/satomi.yamaguchi.357

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お気軽にメールをくださいね!
yamaguchis@cos-mo.jp

この記事を書いたプロ

山口里美

山口里美(やまぐちさとみ)

山口里美プロのその他のコンテンツ

Share