まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
田中憲男

患者とじっくり向き合う矯正歯科医

田中憲男(たなかのりお)

プロ矯正歯科

お電話での
お問い合わせ
03-3632-6777

コラム

効果的な開咬を改善するためのトレーニングとは?

2010年12月7日 / 2014年7月31日更新


みなさまこんにちは。
東京のプロ矯正歯科 田中憲男です
夕方の6時半というふつうならば一番忙しい時間帯なのに、患者さんが1人もいません(笑)
まあ、こういうときは、コラムでも書いているうちに誰かくるでしょう。

さて、前回お話した開咬という症状は

前歯でモノが咬みきれない
食事の際、どうしても丸呑みの傾向があるため、水を多く飲みながらになる

などなどいろいろと問題があります。

症状の改善は
耳鼻科的な改善に加えて、歯科的なアプローチも必要になります。

つまり、舌のトレーニングをおこないます。

詳しくは、このジャンルでは非常に有名な矯正医である
近藤悦子先生の教科書から抜粋した写真を使用させていただきます。

毎日5分間効果的にガムを嚙むトレーニングをするだけで、良好な口元の改善に加えて、矯正治療をする必要がなくなる可能性があります。


この記事を書いたプロ

田中憲男

田中憲男(たなかのりお)

田中憲男プロのその他のコンテンツ

Share

田中憲男プロのその他のコンテンツ