マイベストプロ徳島
原田恭兵

一人一人の個性を見つけ褒めるプロ

原田恭兵(はらだきょうへい) / 塾講師

創造学習 (有)未来舎/学びの学童 みらいkid's

コラム

チャレンジ精神を養う

2020年8月1日 公開 / 2020年10月22日更新

テーマ:教育

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: 高校受験 勉強法勉強法 おすすめ

国語の授業中
ことわざを
一生懸命覚える子どもたち。


そのとき聞こえてきた
一つのことわざ。


『二兎を追うものは
 一兎をも得ず』


ん?



ことわざ

ことわざとは
鋭い風刺や
教訓・知識などを含んだ、
世代を超えて伝えられてきた
短い言葉です。


その一つにあるのが
『二兎を追うものは
 一兎をも得ず』です。


『欲張って二つの物事を
 同時にすると
 二つとも失敗、
 もしくは
 中途半端に終わるから
 気をつけなさい』
という意味のことわざです。


このことわざを聞いて
「本当にそうなのかな?」
と疑問に思いました。


これは
真実であると思います。


しかし、
事実ではないように思います。


これを聞いたときに
私が思ったのは
「二兎を追うものだけが
 二兎とも得るのでは?」
と思ったんですよね。


だから、
このことわざには
「初めから諦めるのではなく
 何事も
 チャレンジしてみなさい」
といった意味も
含まれていると思います。


一つのことわざも
考え方次第で色々変わります。


これは
ことわざだけに限らず
どんなことでも同じです。


全ての出来事を
いろいろな角度から見ると
どんなことでも
楽しくなってきますね。



チャレンジ

ちょっと戻りますが
チャレンジする気持ちって
どのようにすれば
育つのでしょうか。


未来舎では、
初めて習う単元を
自分の力だけで解くことを
授業中に行っています。


まずは
例題を読み、
自分で解いてみる。


間違えば、
解説を読み自分の力で直す。


そのとき
分からなければ
説明を聞く。


このように
未知のものにも
チャレンジしていきます。


これからの未来
多くの仕事が
なくなると言われています。


そのときに
必要となってくるのは
『チャレンジ精神』


どんなことにも臆さず
行動に移す気持ちが
これからの未来を
切り開いていけます。


皆さんは
どう思いますか?


では、今回はここまで。


ありがとうございました。

HPはこちら▷

お問い合わせはこちら▷

この記事を書いたプロ

原田恭兵

一人一人の個性を見つけ褒めるプロ

原田恭兵(創造学習 (有)未来舎/学びの学童 みらいkid's)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

原田恭兵プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
088-672-3331

 

板野本校:088−672−3331
Next佐古:088−625−1234

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原田恭兵

創造学習 (有)未来舎/学びの学童 みらいkid's

担当原田恭兵(はらだきょうへい)

地図・アクセス

原田恭兵のソーシャルメディア

instagram
Instagram
facebook
Facebook

原田恭兵プロのコンテンツ