まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
瀧口繁

天然素材と家相の知恵を活かす住宅設計のプロ

瀧口繁(たきぐちしげる)

瀧口建設株式会社

お電話での
お問い合わせ
053-438-5388

コラム

保存版 その解体工事ちょっとまった。大切な建物。簡単に壊さないで。こんなも、やり方もあるんです。

リセット住宅

2014年12月7日

自問自答 これでいいんだろうか。簡単に壊していいんだろうか?


築40年近い建物。先代が、苦労して建てた本家の建物
時の経過と共に、役目を終え、解体寸前の状況です。
これで、良いんだろうか。自問自答があります。

古屋
写真のような建物。住宅に関連する専門家でも10人いれば
10人建て替えを勧めるはずです。
建築の世界に40年近く携わっている私自身も以前なら建て替えを
勧めていました。
なぜなら、新築の方が、何の制約もなく自由に設計できるし、手間のかかる
耐震補強などしなくてもいいから、絶対に新築計画を勧めるはずです。
古い建築基準法で建てられているから、絶対に建替えです。そう説明するはずです。

発想の転換  費用を抑えた、住宅計画があります。


新築工事に比べ、リフォーム、リノベーション工事は、費用が意外と掛かり
住宅計画に、失敗する方がほとんどです。やらなければよかったと思っている方が
多いのが実情なんです。建築士の、しっかり適切なアドバイスが無いため、価値観が
無い建物になってしまっているんです。その典型が、リフォーム工事後、家族構成が
変わり、結局建替えになってしまった。そんな例ばかりです。

今回は、建替えの話ではありません。建物を残して、建物を生き返らすお話です。
そんなやり方あるんでしょうか。・・・・・・・・・・・・・あるんです。

ニッチ

その手があったか。  新築同様で、固定資産税が安い

驚いたことに、今回提案のリセット工事は、新築同様に工事を進め、完成した際に、
固定資産税は、リフォームですから、新築並みには課税されません。築40年の建物なら
固定資産税は、多くても数千円です。ちなみに2000万円の新築建物なら、年間15万円位でしょう。これが10年経過したら、差額は、100万以上となります。
新築同様に蘇った建物が、古屋の建物同等の固定資産税、税法の隙間をみる事になります。

リセット
リフォーム。リノベーション工事は、中途半端な工事は、すべきではありません。
キッチンを替える、ユニットバスを替える、いろんなケースがありますが、一定金額以上の
フルリノベーションに近い場合は、骨組みにまで壁を撤去して工事チャレンジをお勧めします。新築のように、何の制約なしに工事を進めます。新築よりかなり安く、新築以上の価値ある建物を造る事が出来ます。

わしの目の黒いうちは、解体など許さん。 


打合せをしていると、ご年配のお父様が、一言。
『家を壊すのは、俺が死んでからにしてくれ。俺の目の黒いうちは、まかりならぬ。
解体は、許さん。』
この様な場面にも、幾度となく、遭遇してきました。
苦労して建てた家。思いがいっぱい入っています。金額で解消できない分野の
思いが入った思いそして重い言葉です。

ベッドルーム
数多くの建築業者があります。今は、家電業者までリフォーム工事を請けるようになりました。数をこなし、家電製品のような感覚での工事も、それなりに価値のあるものと認識しています。私の思いは、競合して、同じ道を進もうとは、考えていません。技術力を発揮して、新築並みの大規模改修を、価値観のある建物として安く提供できる事視線の先は、もう一つ一歩先を考えています。

リフォーム工事の金額だけで、内容を確認しないで工事の判断をする事は間違っています。4000万円かかる建替え新築工事が、2400万円で、新築同様になった時、また、高齢で借り入れが出来ず手持ち資金だけで、新築並みの工事が出来るとしたら、親の反対を聞き入れながらも、新築同様に工事が出来たら、いろんな良い点が、見つかる手法です。

今一度、家を解体をするのを、待ってみませんか。考えてみませんか。何か見つかるものがあります。

参考例があります。
金額だけの判断は、要注意です。新築なら倍近い金額かかります。
http://www.sumailab.net/takiguchi/reform/refo2.html
現在幾つかの試みにチャレンジしています。
新しい発想での新築並みのリセット住宅。目が離せませんよ。幾つか動きがあります。
リセット住宅対応しています。
浜松市北区東三方町447-10
瀧口建設株式会社 電話 053-438-5388  担当/瀧口繁

この記事を書いたプロ

瀧口繁

瀧口繁(たきぐちしげる)

瀧口繁プロのその他のコンテンツ

Share

瀧口繁のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-10-16
facebook
Facebook

瀧口繁プロのその他のコンテンツ