マイベストプロ静岡

三島市の専門家・コンサルタント

日本各地に事務所を構える専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

三島市

フリーワードで絞込み

1~4人を表示 / 全4

村上敬之

このプロの一番の強み
お客様のニーズにピタリと合うカスタマイズサングラスを提案

[三島市]

オンリーワンの逸品で気持ちのスイッチを入れる。自分だけのカスタムメイドサングラス

「試しに一度掛けてもらうと、その明らかな違いがわかって頂けるはずです」。そう話すのは、メガネの三島・代表取締役社長の村上敬之さん。幅広い世代とニーズに対応する地域密着型の長泉本店、子どもメガネに...取材記事の続きを見る≫

専門分野
スポーツサングラスアウトドアサングラスTALEXレンズ
会社/店名
メガネの三島
所在地
静岡県三島市幸原町2-1-3
幸原店

細谷つよし

このプロの一番の強み
図面なしでも現物再生できる金属加工の助っ人です!

[三島市]

図面ナシ、現物のみでどんなパーツも再生可能。モノづくりの助っ人にすべてお任せください!

「このパーツさえあれば動くのに」。「メーカーに問い合わせても、ホームセンターを探しても同じ金具が売ってない」。車やバイクなど機械いじりが好きな人や年代物の金具を探している人。部品があれば直るの...取材記事の続きを見る≫

専門分野
旋盤、フライス、NC複合旋盤、マシニングセンターなどを用いた金属切削加工ワイヤーカット、3Dプリンタ...
会社/店名
株式会社STK製作所
所在地
静岡県三島市梅名805-3

山田光雄

このプロの一番の強み
蛇口交換から新築まで、住宅の悩みに即座に答えるプロ集団です!

[三島市]

住宅に関することなら何でも相談にのります!

 「悩むより簡単に解決できるんです。希望や要望に応えるにはどうすれば出来るのかを考えれば、出来ないことなど一つもないと思います」。そう話すのは三島市谷田で建築業を営む、「山田建築」社長・山田光雄さ...取材記事の続きを見る≫

職種
建築家、 職人、 工務店
専門分野
工務店大工一式木材加工
会社/店名
山田建築
所在地
静岡県三島市谷田46-4

小島真

このプロの一番の強み
静岡県東部を中心に13店舗の調剤薬局を運営

[三島市]

おもてなしの心で接する地域に根ざす薬局

 病院を受診したとき、帰りに処方箋を持って院外の薬局に寄るというのは皆さんおなじみのコース。大抵、病院近くの薬局にそのまま足を運ぶことがほとんどではないでしょうか。でも、これには特に決まりはなく、...取材記事の続きを見る≫

職種
薬剤師
専門分野
お問合せ下さい。
会社/店名
ピーエフシー株式会社(ポプラ薬局)
所在地
静岡県三島市大宮町3丁目2-18  こも池ガーデンテラス1F

この分野の専門家が書いたコラム

パワハラ防止法 来年4月からは中小企業も対象となります

パワハラ相談窓口設置が義務化  相談窓口が無いと法律違反になります  こんにちは。 人材コンサルタント プレゼンス松下純子です。 昨年から施行されている パワハラ防止法 大企業は、昨されていますので ...

6歳くらいまでのお子さんの行動には必ず意味がるまで

6歳くらいまでのお子さんの行動には必ず意味がるまで

お子さんの行動には必ず意味があります 結構お子さんたちは、お母さんたちを悩ます行動をおこす でもそのほとんどが、お子さんたちにとっては必要な行動です 長年  幼児教室をやってきて、たくさんのお子さんを見てき...

静岡市 清水区 外壁塗装日誌 肥后様邸 外壁上塗り

静岡市 清水区 外壁塗装日誌 肥后様邸 外壁上塗り

2021-10-18

静岡市 清水区 外壁塗装日誌 肥后様邸 外壁上塗り 外壁上塗り 2021/10/14 外壁中塗りの施工になります。外壁がキレイに塗装が完了いたしました! 自分の家のつもりで心を込めて上塗りをさせて頂ましたので...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

学校内での生徒から教師への暴力には、悪質性や被害を考慮した対応を

学校内での生徒から教師への暴力には、悪質性や被害を考慮した対応を

2018-09-10

学校内での生徒から教師に対する暴力事件がしばしば問題となっています。法律の適用や警察の介入ができない理由はありませんので、学校は行為の悪質性や被害の重大さを考慮し、毅然とした対応をすることが重要です。

NHK放送受信料の時効をめぐる攻防 民法168条1項前段の時効とは

NHK放送受信料の時効をめぐる攻防 民法168条1項前段の時効とは

2018-07-31

最高裁がNHKの放送受信料に関して、民法168条1項前段に規定される時効は適用されないと判断しました。どういうことなのか、詳しく解説します。

2022年から成人が18歳に引き下げ 何が変わる?法的責任や養育費など

2022年から成人が18歳に引き下げ 何が変わる?法的責任や養育費など

2018-07-04

2022年4月から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられることとなりました。年齢が関連する法律も多いため、引き下げを適用するかどうかは個別の法律ごとに検討して判断することが重要です。

ジャンルを絞り込む

  • すべて

エリアを絞り込む