まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
本山nackeyナオト

プロとしての活動実績を持つボイストレーナー

本山nackeyナオト(もとやまなっきーなおと)

川口音楽スタジオ モンキーダンス

お電話での
お問い合わせ
048-256-2839

コラム

ボイストレーニング!(ひっくりかえったり、かすれたり)改善方法

ボーカルトレーング

2018年9月10日

ボイストレーニング!(ひっくりかえったり、かすれたり)改善方

ボイストレーニング!(ひっくりかえったり、かすれたり)改善方法

おはようございます、本山です!


最近、歌やボイストレーニング関係の記事が少ないよ~
という声やボイストレーニングの記事のリクエストをいだだきました。


ボイストレーニングに関する記事は
けっこうお仕事でいただいているので
僕としては毎日のように書いているのですよ。

産経ニュースとか


当たり前だけど毎日ボイストレーニングを教えているし
だから個人の記事はメンタル中心や
歌手やアーティスト活動指南とかにになっちゃうんだ。

これからはボイトレ関連記事も充実させていきます!





今日は不安定な声を治す、ボイストレーニングを紹介しよう。



変声期の男子や女子、

また往年の美しい声が
発声出来なくなったりしてくる方。。


たとえそういう時期ではなくても、
こんなケースに当てはまる方は、
多いのではないかな。



声のコントロールが出来ない方(ひっくりかえったり、かすれたり)

故障を引きずっている方

ピッチが外れてコントロールできない方




やはりちゃんとしたボイストレーニングが大切。



変声期に無理をしたり、ガ鳴って歌う歌い方をしたり
するとハイトーンの発声が難しい。(声が安定しなくなるんだ)

また故障(喉が痛い)しているのに
歌ったり、無理をしたりも同様。

あと加齢で声が衰えていくのも同様。



また時期的なことではなく、
ハイトーン部分が出ないとか、
コントロール出来ずに引っくり返ってしまうとか、
そういう方も結構多いのでは。



加齢の方の症状としては、
話し声もかすれたり、音程が取れなかったり、
かすれやまたは常に裏声のような状態。(女性に多い)

個人差はすごくあるんだけど、
全体的に声が不安的。


特に、今まで普通に出ていた高音は、
全くコントロールができないって方が多い。



それに比べ、変声期の特に男子は、
中間音域(換声点と言って声の変わり目のところ)が、
上手くコントロールできない子が多いんだ。



こちらもものすごく個人差があるんだけどね。

ピアノの鍵盤ど真ん中の「ド」から「ファ」くらいの間で、
(J=POPではもっとも多く使われるところ)の
換声点をコントロール出来ないと
そりゃ歌える曲も少ないよね。







◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇【今日のお知らせ】◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


今、ウチのスクールでは

ガム・ナイトケアリンス ナイトハーブ 5ナイトケアチャレンジセット

を無料プレゼント中!!






(趣味なびさまプレゼンツ!)

生徒さんはもちろん、無料体験の方にもプレゼント!
「記事みたよ」って一声お願いっ!
(忘れちゃうんですよ)

#ナイトケア試してみた #朝が変わる #私を生きる #趣味なび

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇【お知らせしゅ~りょ~】











年齢問わず同じようなケースの方も
たくさんいるんじゃないかな。


大丈夫!

しっかりボイストレーニングをすれば改善します!


もちろん個人差が大きいので
実際にお会いして、
じっくり一緒にトレーニングしていきたいのだけど
記事だけでもお役に立つトレーニングをお教えしよう。





【カンタンな練習法】 がある。


あまりに簡単なことなんだけど、コレが難しい場合も。。。


それは【息をたす】という事。



例えば「ハ~」と息を吐いてごらん。

声帯はまったくアタックしていないので
咽喉はつかれないよね。

これが声帯「0」の状態だとしよう。
息の割合が「10」割だよね。



逆にガ鳴って声を出す感じを「声帯10」と考えて。
その時は息の割合「0」って考えてね。


こんな感じで認識しよう。


「ハー」の状態     声帯「0」 息の量「10」

ガ鳴り声 の状態   声帯「10」  息の量「5」


    

そして 声帯「2」  息の量「8」

これで発声練習するんだ。


全然ピンとこない人に
もう少しわかりやすく説明すると
誰にも聞かれないくらい、
ものすご~く小さい声で歌うのだ。



最初はほとんどの場合、
息が多すぎて、声がかすれてしまうと思うけど
練習すればコントロールできるはず。


声もとぎれとぎれになりがちで
歌メロや歌詞がわからなくなってしまう方も多いけど
そこはトレーニングあるのみだ。



小さくてもくっきりと、どんなメロディーでどんな歌詞か
がわかるように、歌えるようになるまでトレーニングしよう。



実は声帯のコントロールが出来る人は、
どんなに小さな声で歌おうと、くっきりと歌えるんだ。



最初は少しだけ難しいかもしれないけど
是非トライしてみてね!


頑張ろうね、


応援しています!




◇◆◇◆◇◆◇◆◇CMさせてね▽▲▽▲▽▲▽▲▽



「びっくりするほどうまくなる!」
無料体験レッスンのご予約を



無料体験レッスン


無料体験受付ダイヤル
0120-9482-88

この記事を書いたプロ

本山nackeyナオト

本山nackeyナオト(もとやまなっきーなおと)

本山nackeyナオトプロのその他のコンテンツ

Share