まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
石田貴子

不動産にまつわる相続問題のプロ

石田貴子(いしだたかこ)

石田土地家屋調査士事務所((有)トヨノ測量・設計事務所)

コラム

測量しましょう

終活のお手伝い

2016年12月13日

土地の境界がわからなければ、不動産の価値は下がります。
売買する段になって慌てて隣の方に境界の確認をお願いしに行く。「お願い」??
自分の土地と隣接する土地の境界を決めるのに なぜ「お願い」なのか?

境界線とは自分の土地と隣地の境目の線、つまり くっついているところが境界線です。
だから間に何もないはず・・・だから互いにフィフティ・フィフティのはず。

日本人の国民性ともいうのでしょうか、不動産 特に土地には並々ならぬ執着があります。
土地伝説ですね。
代々受け継がれてきた土地、親が残してくれた相続した土地、畑や田、山林や原野も
あります。
少しでも不動産の価値を落としたくは無い、登記されている面積は絶対である、
と思っているはず。
なのに ある日突然、隣地からの境界確認の立会いのお願いのご案内が届いたら
即座に身構えてしまいますよね。

登記されている面積って?
境界を確認していない土地は測ったことがない土地なのです。
なのに なぜ?面積が書かれているの?
明治の最初、地租改正条例という国が税金を課すために行った事業があります。
その時 土地所有者に「地券」を発行し、納税義務者としたのです。
それが基になって現在の登記簿があり、固定資産税が課せられているのです。
測量して、隣地との境界を確認すれば、なんということでしょう!面積が増えている!!
ということがあるかもしれません。
逆に 面積が足りてない場合、無い土地の税金まで支払っているということが
判明することもあります。
自分の土地を知るために測量を行いましょう。
土地の境界の確認をしましょう。互いにフィフティ・フィフティのときに。

ご自身の終活の一つとして、ご自身の不動産を一度ご確認されてみては
いかがでしょうか?
登記された面積を実際の測量した面積に更正することができるのは
土地家屋調査士だけなのです。
私たち土地家屋調査士はこのようなご相談のプロです。

この記事を書いたプロ

石田貴子

石田貴子(いしだたかこ)

関連するコラム

石田貴子プロのその他のコンテンツ

Share

石田貴子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-762-0911

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田貴子

石田土地家屋調査士事務所((有)トヨノ測量・設計事務所)

担当石田貴子(いしだたかこ)

地図・アクセス

石田貴子のソーシャルメディア

facebook
facebook

石田貴子プロのその他のコンテンツ