まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
馬上久恵

マナー&カラースタイルコーディネートのプロ

馬上久恵(まがみひさえ)

Applause of Color(アプローズオブカラー)

コラム

長所を引き出す美人顔メイク ~簡単、似合うファンデーションの見分け方~

イメージアップメイク(パーソナルカラー)

2018年11月7日 / 2018年11月8日更新

こんにちは。
パーソナルカラーリストの馬上久恵です。

さて今日は 前回のコラムに引き続き

「長所を引き出すメイク」で大切なポイント
「肌の色に合ったメイクカラーを選ぶ」のファンデーションについてお話しましょう。

人の肌色はいろいろですね。
パーソナルカラー診断にお越しいただく方の多くが
「私の肌は黄みがあります」といわれます。
けれど実際は、ピンクがかった色、黄みの強い色など皆さんが思っている以上に肌の色も幅があります。

また、口紅などのポイントメイクの色によって顔色の変化を感じた経験はありませんか?

例えば、同じピンクの口紅であってもサーモンピンクやアプリコットピンクなどの
黄みをおびたピンクや、ローズピンクなど青みをおびたピンクでは顔の印象はまったく違いますね。


■パーソナルカラーとファンデーションの色選び
パーソナルカラー診断では、素肌の状態とさまざまなテストカラー(ドレープ)との
調和をみていきます。
ファンデーションの色が素肌と大きく違う場合には、せっかく似合うと診断された色が違ってくる場合もあります。

■ファンデーションの色み
ファンデーションの色みは肌と同系のものを選びます。

店頭で試す場合は頬骨の下あたりに試すファンデーションを塗ってもらいますね。
少し時間をおいて、肌の色と同化していれば大丈夫です。

手鏡を少し離して持ち、試し塗りをした部分だけが浮いているように見えていないかを
チェックしてください。
鏡を近づけすぎると見えにくい場合があります。

■ファンデーションの明るさ
「白い肌こそ美しい」そう思って明るい色を選んだ!そんな声が多く聞かれます。
お店などで購入の際も ある程度の色の候補がでたら、明るい色を選びたくなるのですが、
ポイントメイクなどをしっかりとされる方は、少し暗めのファンデーションにしましょう。

暗めのファンデーションといっても、はっきりと暗さがわかるようなものは
肌がくすんで見えます。そこは注意が必要です。

暗めのファンデーションを選ぶ理由は、ファンデーションを塗った後にポイントメイクを加えることで
ファンデーションの白さが強調されるからです。

あまり白くなりすぎると、厚化粧のイメージになりますね。
特に鮮やかさが強いカラーのポイントメイクがお好きな方は、この顔色の変化に注目しましょう。

逆にポイントカラーなどはあまりつけない!という方が暗めのファンデーションを選んでしまうと 
寂しい印象になります。
素肌と同じ明るさか少し明るめでもきれいです。



ファンデーションは肌にベールをかけるイメージです。
くすみなどの色ムラをカバーしたり、肌の凹凸もカバーできます。

ファンデーションの色は基本的に素肌に似たカラーを選ぶ。その上につける
口紅やアイシャドー、チークなどでコーデネートしていくイメージです。

ファンデーションのカラーでご自身の個性を消してしまうことのないようにしたいですね。




↑肌を大きくわけてピンク系、ナチュラル系、オークル系の3タイプでそれぞれの明るさを
見ていきます。
■パーソナルカラーメイクレッスン⇒https://mbp-japan.com/osaka/applause/service1/2701376/
(グループレッスンは受講金額が異なります。お気軽にお問い合わせください)

■関連コラム
◦長所を引き出すメイクで美人顔を作る⇒https://mbp-japan.com/osaka/applause/column/5009480/

■体験レッスンの募集⇒https://mbp-japan.com/osaka/applause/service1/2701254/
※体験レッスンでは皆様のご希望に応じて内容をご準備させていただきます。
お申し込みの際、簡単にご相談内容をお知らせくださいませ。

体験レッスン内容例)
マナー、婚活ブランディング、パーソナルスタイリング、メイク、成功する営業術

■ホームページ→http://applause-of-color.jp//

■馬上久恵 HISAE MAGAMI
ジュエリーコーディネーターの経験から得たお客様の心をつかむカラートータルコーデネートが評判。
マナーとカラーを取り入れた独自の手法でその人の魅力&美しさを最大限に表現するプロとして活躍。
個人、企業からも「美しさを作るカリスマ」として絶大な信頼を得ている。

この記事を書いたプロ

馬上久恵

馬上久恵(まがみひさえ)

馬上久恵プロのその他のコンテンツ

Share