マイベストプロ岡山
梶田つとむ

職人技であきらめていた靴を修理するプロ

梶田つとむ(かじたつとむ) / 靴修理業

足と靴の店フットライト.

コラム

100円ショップの商品を使って、自分でも靴修理が出来ますよ

2021年4月27日

テーマ:修理・調整

コラムカテゴリ:くらし

こんにちは。
フットライト.梶田です。

「不景気だから、出費はなるべく抑えたい」とか「連休に出かけるのも何だし、家で何しようかな」という方へ。

せっかくだから、この機会に自分や家族の靴を修理してみませんか?

今回は100円ショップの商品を使って、自分で靴の修理をしてみようというお話です。
(ちなみに100円ショップの商品紹介をいくらしてみても、当店には1円も入ってきませんが・・・)

Q1: パンプスのヒールに傷がついたら・・・?


A1:同じ色のマニキュアを買って塗りましょう。

もっと深く・・・
・同じ色がない場合でも、何色かを混ぜ合わせて調色すればOKです。
・傷が深い場合は、何度かに分けて塗り重ね、盛り上げる様にしてみましょう。
・硬い棒などで傷の部分をこすり革の繊維を動かすことで、傷を薄くしていくテクニックもあります。

Q2: パンプスのヒールにまいてある革がめくれた個所は・・・


A2:自転車コーナーにあるゴムのりを買って、めくれた個所を貼り直しましょう。

もっと深く・・・
・めくれた革が縮んでいることも多いので、めくれた革は元の位置まで伸ばした上で貼るようにしましょう。
・ゴムのりをヒール本体と捲れた革の両方に薄く塗り、少し乾かした上で貼りましょう。
・靴底用のボンドで貼り直した場合は利きが強すぎるため、後に修理店に持っていた際に修理を断られる場合もあります。

Q3: サイズの合わない(ブカブカしている)靴がある場合は・・・


A3:コルクシート材を買って、靴の中に敷いてみましょう。

もっと深く・・・
・1mm材、3mm材といった異なる厚みのコルクシート材を買っておくと、微妙なフィット感も調整できるので便利です。
・靴の中全体に敷き入れるのではなく、前半分だけに入れるようにすると安定します。
・敷いたシート材の段差を作らないように、断端部を漉いて薄く加工することがポイントです。
・もともと中敷きのない靴の場合は、ペラペラの薄い中敷きをコルクシート材の上に敷いてやると、余分な厚みも増えずにサイズ調整が上手く行きますよ。

Q4:革に汚れが付いたら・・・


A4:消しゴムを買って、こすって消してみましょう。

もっと深く・・・
・スニーカーなどのサイドラバーに付いた汚れも落ちます。
・ヌバック地などでも汚れを落とすことが出来る場合もあります。(色落ちして元よりも状態が悪くなることもありますから、自己責任で)
・こすり過ぎは禁物です。


今回の様なテクニックを覚えておきますと、いざという時にも慌てることなく、しかも自分で安く直せますので、興味のある方はぜひ一度挑戦してみてください。
(あくまでも自己責任にて挑戦してください)


自分でも出来るサイズ調整については、その内に具体的な方法を掲載する予定です。

この記事を書いたプロ

梶田つとむ

職人技であきらめていた靴を修理するプロ

梶田つとむ(足と靴の店フットライト.)

Share

関連するコラム

梶田つとむプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-953-1665

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梶田つとむ

足と靴の店フットライト.

担当梶田つとむ(かじたつとむ)

地図・アクセス

梶田つとむプロのコンテンツ