まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
越宗玉恵

手作りアクセサリーを作るワクワク感を貴方に贈るプロ

越宗玉恵(こしむねたまえ)

アトリエ ベルジェ

コラム

ゆび織りで作るマフラー

2013年11月26日 / 2014年7月3日更新


編み物が苦手、出来ない人にお勧めのゆび織りのご紹介です。
「八重の桜」で織物を指導された箕輪直子さんが指導されています。

指で毛糸を1本づつ拾って交差させたり、拾ったものの下に毛糸をくぐらせたりして編んでいきます。
道具も要らず、指導にはシャトルを使いますが、お手軽に30センチのものさしとはさみがあれば出来ます。
初心者におすすめは極太の毛糸ですが、引き合わせも出来ますので、押入れにあまっている毛糸をいろいろセンスよく束ねて使うことも出来ます。30分もあれば短い、首にひと巻きのマフラーも編めます。


また幅広の素材のほうが早く編めます。基本の編み方は3種類ですが、ベーシックの編み方さえわかればいろいろ楽しめます。

テレビでもよく「もったいないから~、もったいないから~」といっています。
もったいないと思われる方、押入れのもったいない毛糸をだして、ストールやマフラーに変身させてみませんか?もったいない毛糸だけだとふつうなので、変わり糸やイタリア製、ドイツ製、アヴリルの糸を少し足してセンスよくオリジナルの一品を作ってみませんか?少し編んでみて頭で考えたものと違ったら毛糸を足したり引いたりして編みなおしましょう。編むのもさくさく、ほどくのもさくさくです。楽しみましょう!!クリスマスのプレゼントにも最適です。

試したい方、平成25年12月10日火曜日、国際ホテルのフリーマーケットに出店しています。この冬一度お試しを。
お問い合わせは 090-5698-6265 まで

この記事を書いたプロ

越宗玉恵

越宗玉恵(こしむねたまえ)

越宗玉恵プロのその他のコンテンツ

Share

越宗玉恵プロのその他のコンテンツ