マイベストプロ新潟
櫻井利雄

先人の知恵を生かした伝統工法による木造建築のプロ

櫻井利雄(さくらいとしお) / 建築施工

桜井木材建築株式会社

コラム

業界の非常識!?屋根垂木を使わない、宮大工ならではの伝統工法

2022年5月13日

コラムカテゴリ:住宅・建物

屋根の斜面を支える部材「屋根垂木(やねたるき)」。多くの建造物に使われている一般的な部材です。

ですが、我々は屋根垂木を使いません。
代わりに、江戸時代から伝わる伝統工法を使って、屋根を作っていきます。


屋根垂木を使わない工法は、今の業界ではあり得ないこと。
しかし、新潟市の白山神社外塀や笹川邸外塀、富山県井波、石川県輪島などでも、屋根垂木なしで建築しています。昔から宮大工が用いてきた伝統工法なのです。

屋根垂木の代わりに厚さ60mmの屋根板を使用。それで十分雪の重さに耐えられるだけでなく、高気密・高断熱の家も実現。防音効果も期待できます。

しかも、木材は表面2cmしか燃えないと言われているので、6cmもある屋根板は安心。火事が広がりにくい家となるのです。


【家づくり・リフォームのご相談】
TEL:025-373-2325
対応時間:8:00〜17:00
休日:土・日・祝日

この記事を書いたプロ

櫻井利雄

先人の知恵を生かした伝統工法による木造建築のプロ

櫻井利雄(桜井木材建築株式会社)

Share

櫻井利雄プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
025-373-2325

 

メッセージをお願いします。後ほどこちらから連絡いたします

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

櫻井利雄

桜井木材建築株式会社

担当櫻井利雄(さくらいとしお)

地図・アクセス

櫻井利雄プロのコンテンツ