まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ新潟
石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(いしいじゅんこ)

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

コラム

がんは大人だけの病気じゃありません。小児がんのおはなし…

2018年5月7日

小児がんの治療が全国で受けやすくなります!

がんは高齢者の病気という
イメージが大きいですが
働き盛りの方を
襲う場合も多いです。
そしてお子様がかかる小児がんも
まだまだ大変な病気のようです。

小児がんとは
15歳以下に起こるがんの総称です。
種類は様々です。
小児がんの40%は白血病です。
血液のがんです。

次に多いのが
20%を占める脳腫瘍です。
大人でも大変な病気、
苦しい病気なのに
お子様がかかるなんて
かわいそうで切なくなります。
治療に関わる家族の方のご負担も
相当なことだろうと思います。

小児がんに罹る方は年間2000人以上で
子どもの死因としても上位を占めています。
1歳から4歳までは第3位。
5歳から14歳は第1位です。

ただ小児がんがすべて
命の危険があるというわけではなく
70%から80%は
治るようになったようです。
医学の進歩ですね。

子どものがんも大人と同じで
早期発見、早期治療で
治る確率が上がります。
健康診断の結果を軽く受け止めず
きちんと検査を受けたり
普段と様子が違ったら
ちゃんと病院で調べてもらうなど
親の努力も必要です。

子どものがんは
症例が少なく
普通の病院で治療するのは
納得できないことも多いと聞いています。
国は小児がんの治療に精通した
小児がん拠点病院として
全国15か所を指定しています。

ただ地方都市で
病院が遠かった場合
治療が受けにくいということも問題です。
拠点病院以外で
治療を受けているのは約6割だそうです。

小児がんで朗報があります。
来年4月から全国に
小児がん診療連携病院が
設けられるようです。
これで安心して地方都市でも
治療が受けられることが多くなりそうです。

小児がんの場合は
本人だけではどうすることも出来ないことが多く
家族のサポートが必要です。
がんの治療だけでも経済的に大変なのに
家族が休職したり離職したりして
看護にあたるケースも多いです。
経済的にもとても不安です。

子どもががんになる確率は少ないですが
大人と同じく、民間保険などでの
経済準備が欠かせません。
子どもにがん保険がいるのかと
疑問に思われるかもしれませんが
終身のがん保険なら
赤ちゃんのうちから加入しても
総支払保険料が安くなるという
メリットが大きいので
加入しておくべきだと思います。

保険料も安いので
家計を圧迫することも
ないでしょう。
私は妊娠中のお母さんに
必ずお誕生と同時に
医療保険とがん保険に
加入するようお伝えします。

医療は進むから
終身保険は要らないという
考え方もありますが
保険に加入していなければ
現在の病気は救えません。
保険は遠い将来のためを考えがちですが
近い将来のためという意味もあります。
くだらない無駄遣いにお金を使うなら
お子様のがん保険を
加入しておいてもいいのではと
思ってしまいます。

新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

お子様の保険、悩んだら
FP石井順子に聞いてみて!
https://mbp-niigata.com/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

石井順子

石井順子(いしいじゅんこ)

石井順子プロのその他のコンテンツ

Share

石井順子プロのその他のコンテンツ