まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ新潟
石井順子

金融機関20年の経験からアドバイスするお金のプロ

石井順子(いしいじゅんこ)

ファイナンシャル・プランナー 石井順子

コラム

親の老後の資産管理のこと、心配ですね!

2017年7月26日

親がボケた時が特に怖い!

日本は長寿国。
私はコンサルティングの中でよく
70歳ぐらいまで元気に生きたら
人生100歳まで生きると
考えてた方がいいってお話しています。
90歳近い平均寿命は
ゼロ歳の赤ちゃんが
平均して生きる年数なんです。
高齢になればなるほど
平均して生きる年数、
平均余命は伸びていきます。

ご自分の長生きの問題も
心配だと思いますが
先に老後を迎えている
親御さんのことが心配なのは
私も同じです。
親の体のこと
介護にならないか
認知症にならないか
常に心配です。
親がボケてきていないか
思わず観察してしまいます。

体のことも大事ですが
財産管理なども
やっかいになってきます。
個人の資産に関しては
金融機関はとても厳しいです。
基本、本人以外は
いじれないし、内容も明かしません。
もし大きな病気
脳卒中などやって
認知症など意思確認が
できない場合どうしたらいいのでしょうか?

意思確認ができる場合は
銀行や証券会社は
代理人届などで
簡単に親族が代行できるように
便宜を図ってくれます。

意思確認ができなくなると
成年後見人制度を
利用しなければならないでしょう。
家庭裁判所に届け出て
後見人が決まります。
子どもたちがもめそうな場合
他人である弁護士等が
選任されることが多いです。
この場合は月2~3万円くらいの
報酬が発生します。

まとまった資産があればいいけれど
そうでない場合は
ハードルが高いです。
生命保険も、入院などの
給付金請求は
基本的に入院した本人からの
請求が必要になります。
本人の意思確認ができないと
大変困ります。

その際、事前に届け出ておきたいのが
指定代理人請求という特約。
代理人が請求できるというもの。
これなら安心です。
代理人が届けられていないな
すぐ手続きしてください。
不測の事態に備えること。
年に一度保険会社から
契約の確認の案内があります。
親の郵便物をチェックしてください。
最近は契約者が高齢の場合
子どもの連絡先を登録しておくという
傾向が各社多くなりました。

おひとりさまはどうする?
親が高齢なら
仲の良い兄弟に
お願いすることもできますね。
兄弟がいないと、従弟さんかな?
親戚づきあいもないとすると
財産管理はどうしたらいいのでしょう?
仲の良いお友達に
任せられたらいいのだけれど。

高齢化社会になり
昔は無かった制度が新たにできたりして
少しずつ暮らしやすくは
なってきているような気がします。
先の準備は
先になってからはできません。
今できることはやっておいて!

新潟のFP石井順子
 お問い合わせは 
 電話 090-1404-7204
 ホームページ  http://fpjun.on.omisenomikata.jp/

親の老後、自分の老後
不安だったら
FP石井順子に聞いてみて!
https://mbp-niigata.com/fpjun/inquiry/personal/

この記事を書いたプロ

石井順子

石井順子(いしいじゅんこ)

石井順子プロのその他のコンテンツ

Share

石井順子プロのその他のコンテンツ