まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ長崎
岩永和之

あらゆるリクエストに対応する建築金物のプロ

岩永和之(いわながかずゆき)

株式会社 岩永金物店

お電話での
お問い合わせ
095-821-0797

岩永和之プロのコラム一覧

 日本国内だけではなく全世界に、被害が急増しているビジネスメール詐欺(BEC)があります。BECとは、Business E-mail Compromiseの略で、サイバー攻撃の一種です。 主たるターゲットは、法人組織です。この新たな脅威が全世界に拡大しています。「この甚大な被害を及ぼすこの脅威は「...

季節風景

2017-12-22

 インラインスケート大会 その1 長崎北ロータリークラブ主催の「青少年インラインスケート大会」が平成28年1月30日13時~15時 三菱重工総合体育館2階にて開催されました。この「青少年インラインスケート大会」は、障害児の方のバランス感覚のリハビリのために考えられたプログラムで...

季節風景

2016-08-06

 伊勢宮の 鮎神事 平成28年8月1日(月) 長崎 伊勢宮 恒例の鮎神事が執り行われました。鮎神事開始前の風景です。鮎という字は魚扁に占と書いてあります。古代、占に使用された魚のようです。鮎神事は、治国平天下を天照皇太神に御祈願するお祭といわれています。 長崎伊勢...

 平成28年火除け地蔵祭り 【平成28年火除け地蔵祭り】寛永二十年ごろ袋橋が完成しました。その後、長崎で寛文三年(1663)「寛文の大火」がおき寛文十二年(1672年)に 古川町が分割され本古川町、東古川町、西古川町がつくられました。長崎で 大火災発生明和三年(1766...

季節風景

2016-02-09

 平成28年ランタン祭り 平成28年申年のランタン祭りが始まりました。中島川眼鏡橋付近のランタン祭り川面に映ったランタンの灯りがとてもきれいです。また、眼鏡橋付近にはいろいろなランタンが、川面に浮かんで幻想的です。この写真には、人影が見えませんが・・・実は、・・・これ...

季節風景

2016-01-25

 長崎は、大雪です 久しぶりの雪が降った・・・と、思ったら これが何と大雪に雪景色の眼鏡橋雪にも負けず、電車は行く・・・平成28年1月24日の画像です。今日も似たような感じです。今日、平成28年1月25日(月)は、いまだ電車は動いていないみたいです。雪道は、滑りや...

 アルミ-亜鉛合金メッキ鋼板 ちょつと、聞き慣れない言葉ですが 通称ガルバリウム鋼板・ガルバと呼んでいる人が多いのが現状です。これは、商品名です。旧大同鋼板(現:日鉄住金鋼板)がつけた商品名です。同じ商品で、アルジンク鋼板(旧住友金属建材)という呼称もありましたが、太陽...

 アルミメッキ鋼板 これは、読んで字のごとくアルミをメッキした鋼板です。アルミメッキ鋼板は、溶融アルミニウムめっき鋼板のことで、鋼板のもつ耐食性や耐熱性を向上させるために、表層にアルミニウムのメッキを溶融法によって施したメッキ鋼板の一つとなります。鋼板のもつ耐熱温度を上...

季節風景

2016-01-14

 謹賀新年-平成28年 非常に遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。今年は、何年かぶりの晴れとなり、平成28年初日の出の写真が撮れましたのでアップいたします。ちょうどその時、出ていた月も写しましたのでご覧下さい。

 トタン板:亜鉛メッキ鋼板 これもまた、名称としては、非常にポピュラーです。ブリキ板は、錫(すず)をめっきした鋼板ですが、トタン板は、亜鉛メッキをした鋼板のことです。主に建築資材として使われています。亜鉛鉄板、亜鉛引鋼板などと呼ばれています。ただ、亜鉛板とは、呼ばない...

7)の文章で説明いたしましたが、櫓太鼓の姿はこのようになります。 櫓太鼓奉納時の姿 これは、昭和二十六年の庭見せの姿ですが「奉納角力之内 櫓太鼓」という記載があります。三社紋は、長坂側から見えるよう また、三つ巴の方は、敲き手側にきます。 櫓太鼓奉納 これもま...

 太鼓 西古川町の櫓太鼓奉納に使われる太鼓は、2個あります。ことし、使用される太鼓は まだ 不明です。これは、天保六年製の太鼓です。奉納で最もよく使用されています。材質は、欅 太鼓の皮の片面には、三社紋・もう片面には、三つ巴の模様が描かれた物を使用いたします。...

 メッキ鋼板 このメッキ鋼板は何故開発されたのか、どういう風にメッキが開発されたのか知る必要があります。 極論に近いことを話させて頂きますが 昔、鉄板が主として使われていた時代 やはり、錆(さび)の問題で非常にこまっていたと思います。そこで考えたのが、鉄板の表面にコーテ...

3)で、傘鉾について説明しましたが、追記です。 傘鉾の奉納について・・・  「チリン・チリン~」と鈴(りん)を鳴らしながら町の行列の先頭で踊場場へ進む傘鉾・・・この姿は、実に秋の長崎を彩るのにふさわしく 勇壮で、厳粛な雰囲気をもっています。 傘鉾持ちの歩き方  1...

 西古川町地蔵祭り 6月1日の小屋入りがあり、次の町の行事としては「地蔵祭り」です。【平成27年火除け地蔵祭り】 寛永十一年(1634)には、長崎くんちが正式行事となった同時期に 日本最初のアーチ式石橋・眼鏡橋が完成し長崎の石橋群の始まりとなりました。その10年後袋橋が...

岩永和之プロのその他のコンテンツ

Share

岩永和之プロのその他のコンテンツ