マイベストプロ宮崎
日髙一美

外壁材・塗料の専門知識に特化した外壁塗装のプロ

日髙一美(ひだかかずみ) / 職人

有限会社ピーテックカンパニー

コラム

藤紫色(ふじむらさきいろ)

2022年11月25日

テーマ:日記

コラムカテゴリ:住宅・建物

fujimurasakiiro

藤紫色(ふじむらさきいろ)

おはようモーニング!

今日の日本の伝統色は「藤紫色』です。

藤紫(ふじむらさき)とは、藤の花のような明るい青紫色のことです。

平安の頃より女性に人気の高い『藤色』と、高貴な色の象徴である『紫』を組み合わせた色名で、藤色よりも紫みが強い色になります。

藤紫が染め色として登場するのは江戸時代後期ですが、明治期の文学作品や美人画などに数多く見られることから、明治文化を代表する色名の一つといわれています。

また、『藤紫』は大正浪漫の女性を虜にしたことから『大正藤(たいしょうふじ)』とも呼ばれました。


七十二候では、11月27日〜12月1日を朔風払葉 (きたかぜこのはをはらう)と言います。

七十二候が小雪の次候に変わり、冷たい北風が、木の葉を散らす頃となりました。
 
朔風とは北風のことで、木枯しを指します。
 
日本海を渡る時に水分を含んだ北風は、山地にぶつかり日本海側では多くの雪を降らせます。

そして、山を越えた太平洋側では乾燥した風になり、「空っ風」と呼ばれます。

「朔」という字は、「はじめ」や「元へ帰る」という意味でも使われますが、十二支を方角に当てると、子 (ね) の方角は「北」となり、子は干支の最初に位することから、やがて「朔」は「北」を指すようになりました。
 
葉を落とした木々の冬景色はどこか淋しげで、草木は一見枯れてしまったようにも見えますが、木の枝には小さな芽が出始めています。
 
土に落ちた木の葉は「望み葉 (のぞみば)」といい、土の中で肥料となり、めぐりめぐって春を迎える植物の栄養となります。
 
こうして草木は新たな季節に向けた準備を始めます。

年の暮れの贈り物

それでは続きをどうぞ!

私たちは、お客様の大切な建物を美しく保護する工法を提案している塗装店です。
塗装に関する疑問・質問など、どんなことでもお気軽にご相談下さい。
サイトhttp://ptech-comp.com
E-mail:info@ptech-comp.com

この記事を書いたプロ

日髙一美

外壁材・塗料の専門知識に特化した外壁塗装のプロ

日髙一美(有限会社ピーテックカンパニー)

Share

関連するコラム

日髙一美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0985-65-6277

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

日髙一美

有限会社ピーテックカンパニー

担当日髙一美(ひだかかずみ)

地図・アクセス

日髙一美のソーシャルメディア

instagram
Instagram
twitter
Twitter
2022-12-01
youtube
YouTube
2022-11-24
facebook
Facebook