マイベストプロ宮崎
後藤泰孝

土地の境界問題を解決に導く不動産登記のプロ

後藤泰孝(ごとうやすたか) / 土地家屋調査士

後藤土地家屋調査士・行政書士事務所

後藤泰孝プロのご紹介

土地の境界トラブルを解決に導き、隣地同士を笑顔に(1/3)

後藤泰孝 ごとうやすたか

建物の新築・増築に伴う登記のほか、土地の登記もお任せ

 土地や建物の売買、相続などで必要な「不動産登記」。登記のために、不動産の用途や境界を明らかにする調査や測量、申請の手続きなどを行うのが、土地家屋調査士です。

 宮崎市にある「後藤土地家屋調査士・行政書士事務所」の後藤泰孝さんは、20年以上の豊富な実績をもとに、業務を行っています。

 家を新築した場合、建物の引き渡しまでに登記申請が必要です。まず、土地家屋調査士が、建物の所在地や構造、大きさなどを調査・測量し、建物図面を作成。法務局に「建物表題登記」を申請します。続いて司法書士が、所有権など権利に関する登記を行います。

 ほかに、建物を取り壊したときの「滅失登記」、増築したときの「建物表題部変更登記」なども扱います。「建物は目に見えるものが対象なので、調査は比較的スムーズです」と後藤さん。

 一方、土地の登記は難解だと言います。土地を売る、相続で分割するなどの際に、隣地との境界線を明確にする必要がありますが、所有者が自由に決めることはできません。「仮にブロック塀や境界杭、境界プレートがあったとしても、正確な境界を示しているとは限りません。法務局など各役所が保有する資料を精査しながら、現地を調査・測量し、第三者の立場から境界線を特定します」

 境界線を特定する過程で、重要となる手続きが「境界立会い」。隣接する土地の所有者全員から証言をとり、専門的な根拠を示しながら、境界線について合意を得ます。「隣地の方ともめている場合もあり、途中で怒り出す方もおられます。双方に認識のずれがある場合も、公正に解決策を導きます」と話します。

Share

後藤泰孝プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0985-50-4049

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

後藤泰孝

後藤土地家屋調査士・行政書士事務所

担当後藤泰孝(ごとうやすたか)

地図・アクセス

後藤泰孝プロのコンテンツ