マイベストプロ宮崎
後藤泰孝

土地の境界問題を解決に導く不動産登記のプロ

後藤泰孝(ごとうやすたか) / 土地家屋調査士

後藤土地家屋調査士・行政書士事務所

コラム

字図、地図、公図・・・?

2022年11月22日

コラムカテゴリ:法律関連

字図って聞いたことありますよね。地図、公図とは何が違うのでしょうか?

●地図とは
 法務局に備え付けられています。誰でも閲覧、写しの請求をすることが可能です。「地図」とは、不動産登記法第14条第1項に規定されている図面で、土地の地積や距離、形状、位置について正確に記載されており、境界(筆界)を一定の誤差の範囲内で、復元可能な図面です。地籍調査によって作成された『地籍図』が代表的なものです。

●公図とは
 「公図」も法務局に備え付けられています。誰でも閲覧、写しの請求をすることが可能です。『地図に準ずる図面』を、一般的に「公図」と呼び、主に明治時代に租税徴収の目的で、作成された図面をいい、「地図」が備え付けられるまでの間、これに代わるものとして法務局に備え付けられている図面です。「公図」は、土地の地積や距離については正確性が低く、土地の配列や形状の概略を記載した図面です。『旧土地台帳附属地図」が主なものとなります。『旧土地台帳附属地図」とは、明治時代に和紙に書かれていた地図が基となります。和紙が古くなると、新しい和紙に書き換えることを繰り返し、近代に入って、マイラー紙(ポリエステルのフィルム)に写されたものです。

●では、一般的に呼ばれている「字図」って何?
 「字図」とは、「公図」の古い呼び方です。明治時代に作成された図面は当初、『字図』『字限図(あざきりず)』などと呼ばれていました。小字(こあざ)ごとに作成されたものなので、通称『字図』と呼ばれています。弊所の住所でいうと、宮崎市大字恒久字働馬寄の、【働馬寄】ごとに作成された図面ということになります。


 現在、一般的に法務局で公開している図面は、「地図」と「公図」です。しかし、「字図」も法務局の倉庫に保管されており、『旧公図』と指定し請求すると、「字図」を閲覧、写しの請求をすることが可能です。閲覧すると、和紙に炭で描かれ、里道は赤く塗られ、水路は青く塗られた、神秘的なものが見られます。明治時代に作成された図面そのものがよみがえります。

この記事を書いたプロ

後藤泰孝

土地の境界問題を解決に導く不動産登記のプロ

後藤泰孝(後藤土地家屋調査士・行政書士事務所)

Share

後藤泰孝プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0985-50-4049

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

後藤泰孝

後藤土地家屋調査士・行政書士事務所

担当後藤泰孝(ごとうやすたか)

地図・アクセス

後藤泰孝プロのコンテンツ