まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
菊地茂

人との関わりを大切にする法律のプロ

菊地茂(きくちしげる)

シャローム行政書士事務所

コラム

仙台の行政書士より160201心のメッセージ

2016年2月1日

 本日は午前中、建設業許可申請と医療法人変更認可申請それぞれのご相談をお受けいたします。また午後は、心の障がい者の就労支援のご相談をお受けいたします。

 今日は、田中信生先生の言葉のご紹介です。

 「恐れも安心のうち」とメッセージしたところ、大きな反響をいただきました。本当の安心とは、恐れが全くない状態のことではありません。そういう安心では、不安がちょっと生まれただけでおとも簡単になくなります。
 「不安があっても大丈夫」、「不安も安心のうち」と不安を受け入れる心が、真の平安を生み出します。
 同じように「不安も幸福のうち」、「問題も最善のうち」、「絶望も希望のうち」、「借金も財産のうち」、「病気も健康のうち」(実際に「一病息災」という日本語もあります。)と一見相反するものを一元で包み込むとき、新しい視野が広がり、目の前の現実が違ってきます。
 すると、ある方から「『不安の先取りも、希望の先取りのうち』ですか?」とご質問をいただきました。もしあなたでしたら、どうお答えになりますか?私はこう答えました。「実は、その通りです。二つは相反するものではなく、つながっているもの、いや一つです」。不安も希望のうち。「不安の先取りが上手な人は、実は希望の先取りも上手」です。不安の先取りとは、慎重さの証です。慎重に有事に備えるからこそ、安心して希望の先取りをすることができるのです。

この記事を書いたプロ

菊地茂

菊地茂(きくちしげる)

菊地茂プロのその他のコンテンツ

Share

菊地茂プロのその他のコンテンツ