まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
江川伸二

教育相談のプロ

江川伸二(えがわしんじ)

株式会社京進

コラム

夏の過ごし方第4回 小学生の夏の過ごし方~小6生の夏~その2

夏の過ごし方

2013年7月1日

前回は、頂いたご質問にお答えする形で、「中学受験をしない場合、小6の夏から中学受験クラスに通う必要は無い」という事をお話しました。
今回は、中学受験しない場合、小6の夏から中学入学までどのように過ごせばよいか、という事についてお話したいと思います。

前回、下記の3点が重要であるとお話しました。
①中学校に入学して困らないために:弱点克服
②中学校に入って数学をさらに得意科目にするために:計算力増強
③中学校に入って英語でスタートダッシュするために:英語力強化

今回は①についてお話したいと思います。
一般的に、中学で最も勉強に時間をとられる科目は、英語と数学です。
中学に入学して困らないためには、まず算数で、弱点になりやすい箇所を克服したいものです。
具体的には、
①速さ
②単位量
③割合と百分率
④角度・面積
⑤比・比例とそのグラフ
⑥体積
①~⑤は、小学校でも苦手になりやすい箇所ですし、中学でも重要単元になります。高校入試で頻出する「方程式の利用(文章題)」「関数」「図形」の基礎になります。ちなみに、高校入試で出題率が高く差がつきやすい単元は「速さの方程式」「一次関数・二次関数」「図形」です。
また、これらの単元(=要素)は、高校入試だけでなく、高校に入ってからの勉強(=大学入試への勉強)でも非常に重要になってきます。原理・原則や根本的な理解を小学生のときにできているかどうかで、その後の数学の学びが変わってくるといっても過言ではないでしょう。

比・比例とそのグラフ・体積は小学校で小6の秋以降に習う場合が多いと思います。小学校で習った時は、しっかり先生の話を聞いて、「比・比例とそのグラフ・体積は得意だ!」といえるようになって欲しいと思います。

この夏は、復習として「速さ」「「単位量」「割合と百分率」「面積」を勉強しておきましょう。学校で習っていない場合は、まず習った単元を復習し、余裕があれば習っていない単元を予習のつもりでやってみましょう。ただし、それほど難しい問題に踏み込む必要はありません。小学校のテキストを使って勉強しても良いでしょうし、ネットで検索すれば、様々な問題が載っています。そのような問題を使っても良いでしょう。しっかり勉強して定着しておけば、中学に入学してから必ず役に立つと思います。

<お知らせ>
①京進からのお知らせ
京進HP

②さらに広く学習相談を受け付けるため、学習相談専用のフリーダイヤルを開設しました。
京進これから研究所内「江川先生の学習相談ダイヤル」:0120-770-878
2012年5月8日(火)スタート
すでにお子様の学習相談や受験についてのご相談電話を多数いただいております。
電話受け付け:祝日を除く、火・金の13:00~18:00
お子様の勉強についてお気軽にご相談いただければと思います。

(京進これから研究所とは?)
京進これから研究所では、将来にわたって生徒さんに役立つ何かを提供できるように教育企業としてできることを日々研究しています。新規事業の種(シーズ)の収集や新商品の開発、教育指導方法、生徒さんのやる気向上の問題などを研究しております







この記事を書いたプロ

江川伸二

江川伸二(えがわしんじ)

江川伸二プロのその他のコンテンツ

Share

江川伸二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-55-2979

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江川伸二

株式会社京進

担当江川伸二(えがわしんじ)

地図・アクセス

江川伸二プロのその他のコンテンツ