まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
江川伸二

教育相談のプロ

江川伸二(えがわしんじ)

株式会社京進

コラム

効率のよい勉強方法

2011年8月22日

夏休みも後半になりました。
まだまだ暑い日が続いていますが、お子様のご様子はいかがでしょうか。
そろそろ夏の疲れが出てくる頃ですので、体調管理に気をつけてあげて頂きたいと思います。

本日は、「勉強しても疲れるばかりで、なかなか記憶が定着しない」という悩みを持っておられる方に、効率のよい勉強方法をご紹介したいと思います。

少し前の事になりますが、日本経済新聞に次のような記事が掲載されていました。
「理化学研究所は、運動の記憶が脳の中で定着していく仕組みの一端を解明した。休憩を挟みながら繰り返し学習すると、脳の神経細胞でたんぱく質が作られ、一時的な記憶が、長続きする記憶に変わることをマウスで確認した。記憶の仕組みの解明につながる成果。15日、米科学誌ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス(電子版)に掲載される。」(日経新聞6月15日夕刊参照)

実験によると、短時間で一気に学習した事と、休憩を取りながら繰り返し学習した事では、脳の中で記憶が作られる部分が違ってくるそうです。
あくまでマウスの実験ですが、短時間で一気に学習した記憶は消えやすく、休憩を取りながら繰り返し学習した記憶は「長持ち」する、という事が実験の結果判明したそうです。

私ごとで思い返してみると、テスト前日に睡眠時間を削って「一夜漬け」で覚えた知識は、テスト終了とともに、まるで水が蒸発するように消えていったものでした。
この記事に基づいて考えると、一夜漬けの知識が蒸発していった理由は「繰り返し復習しなかったからだ」と言えるようです。

では、皆さま方のお子様の勉強方法は如何でしょう。
子どもたちは「知らない事を覚える」のは大好きですが、「復習」を嫌う傾向があります。
「そんな事、前に覚えたし・・・」「その単元はもう、やったし・・・」
このようなことを言いながら復習をないがしろにして、記憶が薄れ、いざテストの時に「これ、勉強したけど、どうやって解くのか忘れてしまった!」という事が起こってしまいがちです。

では、どうすれば「復習」するようになるか?
先ほど、「多くの子どもは復習を嫌う」と申しましたが、同時に、多くの子どもは「自分が出来る事を親に見てもらう」事が大好きです。
お母様、お父様は、お子様が復習問題に取り組んでいるときに、テストの結果を一緒に見てあげてください。そして問題に正解している箇所は、思いっきり誉めてあげてください。
お子様は、「誉められた」ことが嬉しくて、忘れていたところは一所懸命復習し、自分が「解ける」「出来る」という事をお母様、お父様に見せようとするでしょう。
その気持ちがお子様の「復習」嫌いを和らげ、お子様の知識の定着に繋がっていきます。

親が子に喜びを与えながら「復習の大切さ」を教えてあげることで、次第に、自分から復習をするようになっていくはずです。

夏休の宿題も終盤に差し掛かっている中、一度お試しいただければと思います。




この記事を書いたプロ

江川伸二

江川伸二(えがわしんじ)

江川伸二プロのその他のコンテンツ

Share

江川伸二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-55-2979

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江川伸二

株式会社京進

担当江川伸二(えがわしんじ)

地図・アクセス

江川伸二プロのその他のコンテンツ