まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
江川伸二

教育相談のプロ

江川伸二(えがわしんじ)

株式会社京進

コラム

夏休みの過ごし方「家のお手伝い」

2011年8月2日

今回のコラムは前回お話した「悪戦苦闘能力」のひとつ感性を伸ばす、
「家の手伝い」についてお話したいと思います。

夏休みが始まりましたが、お子様の様子は如何でしょうか。
「家のお手伝い」に積極的に取り組んでいらっしゃいますか?

受験生にとっては、夏は受験の天王山と言われています。
遊ぶ時間やテレビを見る時間を削って、頑張っておられる事と思います。
また、受験生以外も、学校の宿題やクラブ活動などで、
忙しく過ごしておられるお子様も多いと思います。
そんなお子様をご覧になって、「家の手伝いなんかしなくていいから、
勉強しなさい」とおっしゃる方も多いのではないでしょうか。

前回のコラムでご紹介した大畑先生は
子どもに家の手伝いをさせる事で、以下の効果があるとおっしゃっています。
①子どもは家での役割を自覚する。
②仕事の段取りや手順を覚える
③仕事を体験する事で、感謝や思いやりの心(=感性)が育つ


では、家の手伝いをする事が、勉強や受験に役立つのでしょうか?

以前、生徒達に「家の手伝いをしているか?」と聞いた事があります。
かなりの割合の生徒が手をあげてくれました。
次に、「家の手伝いをして、良かった事は?」を聞くと、
「勉強の気分転換になる」「手伝いをしながら親と話をする」という答えが返ってきました。

その時に私が強く感じた事は、「家の手伝いをしている」と答えた生徒の表情が明るかった事です。「家の手伝いをしている」と答えた生徒は、受験当日も緊張にのまれることなく
非常に素晴らしい結果を出してくれました。

私が思うに「家の手伝い」をしている生徒達は、
手伝いを通して勉強や試験の「段取り」「手順」について自ら考え、
工夫して取り組む力が身につき、そして何よりも「家の手伝い」を通して
お母様やお父様とコミュニケーションをとることで何事にも明るく向かっていける
強い心が育まれていたのではないのでしょうか。

出来ればこの夏休み、みなさまもお子様に「家の手伝い」をさせてあげてください。
あまり長くさせる必要はありません。
初めは一日5分~10分でもかまいません。受験生は気分転換程度で構いません。

家の手伝いをさせながら、親子で学校の事、友人の事、受験の事など、話してみては如何でしょう。社会で問題になっている事や、最近読んだ本の事などを話してあげるのも良いかもしれません。
家のお手伝いを通し、親子でコミュニケーションをとる事は、受験にも今後のお子様の成長にとっても、精神面でも必ずプラスになると思います。

この記事を書いたプロ

江川伸二

江川伸二(えがわしんじ)

江川伸二プロのその他のコンテンツ

Share

江川伸二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-55-2979

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江川伸二

株式会社京進

担当江川伸二(えがわしんじ)

地図・アクセス

江川伸二プロのその他のコンテンツ