まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
大塚巌也

サードライフを考えるライフプランのプロ

大塚巌也(おおつかいわや)

有限会社アイエスコンサルティング

コラム

認知症をから相続を考える!

相続

2015年8月28日

厚労省の平成26年人口動態統計では、この年の死亡者数は127万人。
前年より4,584人増えたとか…。
平成15年以降は100万人を超えています。
そして現在は7割は75歳以上の高齢者となっています。
70歳以上が81%
80歳以上が60%
90歳以上が23%
と超高齢化が反映されています。

この背景としては介護と認知症が挙げられているようです。
現在では「老老介護」や「認認介護」と言われ、高齢者が高齢者を
介護するという実態が指摘されていますね…。

前回もコラムに書かせて頂きましたが、介護によって、誰かが負担を負うことになります…!
近くに住む娘さんなのか、同居している息子さんなのか、それとも他人なのか…
どちらにしても精神的・肉体的な苦労がなかなか理解されにくいようです。

相続でも「老老相続」と言う状況が増えてくるようです。
これは被相続人が高齢者だと言う事は想像できますが、
相続人も高齢化が進んでいき、現在では核家族化や生活の多様化によって、
普段行き来がない遠隔地相続人が増えてきているとの事です。

ただでさえ相続はもめごとが多い中、相続人まどもが認知症により、意思能力の
欠如や、体の衰えで裁判所に出頭できないケースが増えているとか…。

こういった場合、遺産分割協議の際に、成年後見制度を選任しなければ
ならなくなることもあります。

私のお客様の中でも、親が認知症を患い、相続が進まないと言った事や、
相続の前に自分が介護が必要になった場合、誰に看てもらえば良いのか…
と言ったご相談もあります。本当に切実で大変な問題だと思います。

多くの方は相続は他人事だと思ったり、まだまだ先の話だと感じているところですが、
こういったケースを考えると、少しでも早く対策を考えていく必要があると思います。

この記事を書いたプロ

大塚巌也

大塚巌也(おおつかいわや)

大塚巌也プロのその他のコンテンツ

Share

大塚巌也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-691-0990

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大塚巌也

有限会社アイエスコンサルティング

担当大塚巌也(おおつかいわや)

地図・アクセス

大塚巌也のソーシャルメディア

facebook
facebook

大塚巌也プロのその他のコンテンツ