マイベストプロ神奈川
関太郎

相続地の価値を活かし隣と円満に境界線を決める土地家屋調査士

関太郎(せきたろう) / 土地家屋調査士

関 太郎 土地家屋調査士事務所

コラム

コロナ禍の不動産 今売り時かも

2021年2月24日 公開 / 2021年3月3日更新

テーマ:不動産

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: 収益不動産

土地家屋調査士の関太郎です。

私は、仕事柄、たくさんの不動産業者の方とお話をする機会があります。
とりわけ、売買の仲介に携わる方や、
土地を買い取って分譲するデベロッパーの方など。

みなさん、口をそろえて言うのが、
「売り物として出ている土地がない!」
「あっても、高いものばかり」
「何か、売り情報があったら教えてほしい」
本当に切実なようで、緊迫感がヒシヒシと伝わってきます。
買いたいのに買う土地がないという緊迫感は
これまで経験したことがないレベルです。

不動産の売り時、買い時に関する記事が
雑誌などで掲載されることもあるのですが、
現場の最前線の状況からすると
ワンテンポ遅いなあと感じることが多々あります。

不動産の売却には、家族での相談が必要で
緊急事態宣言が出ている今は
それができないことも
売却用地が少ない要因なのかもしれません。

現場で、用地仕入れに携わっている方々の
生の声を聞く限り
今は売り時なんだと思います。
不動産の価格は需給バランスによるところが大きいと思います。
迷われている方は、今は売り時かもしれません。

この記事を書いたプロ

関太郎

相続地の価値を活かし隣と円満に境界線を決める土地家屋調査士

関太郎(関 太郎 土地家屋調査士事務所)

Share

関太郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
045-225-8974

 

平成31年1月31日に事務所移転に伴い、電話番号が変更になりました。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

関太郎

関 太郎 土地家屋調査士事務所

担当関太郎(せきたろう)

地図・アクセス

関太郎のソーシャルメディア

facebook
Facebook

関太郎プロのコンテンツ