マイベストプロ神奈川
関太郎

相続地の価値を活かし隣と円満に境界線を決める土地家屋調査士

関太郎(せきたろう) / 土地家屋調査士

土地家屋調査士 関太郎 登記測量事務所

コラム

分譲事業者様から見た土地家屋調査士業務について

2019年6月14日 公開 / 2019年8月4日更新

テーマ:セミナー・研修会

コラムカテゴリ:住宅・建物



先日、船井総研さんの分譲事業者様向けのセミナーを受講してきました。

狙いは、分譲事業者様の取り組み事例を学ぶことで、

分譲事業者様の視点から土地家屋調査士業務を見つめなおし

 私達が注意するべきこと、

  提案できることを

学びたいと思いました。

分譲事業者様向けのセミナーでしたので、

測量業者の私がとぼけて参加するのは

心苦しくもありましたが・・・(;^_^A


さて、参考になったことを箇条書きにしてみました。

・市場の減少以上に、工事業者さんの数が減少している
  土地家屋調査士業界も、高齢化が進んでいて、少なくなっていますね
  
・回転率は年2回転 仕入~引き渡し 6か月

・賃料+1万円=住宅ローン→供給価格の設定

・完成前に半分は売切
  完成→即決済ということですから、表題登記を迅速にやらなくては ^^;

・大工さんは1か月で木完

・基礎工事はとにかくガンガン進めて、いつでも大工さんがはいれるようにしておくそうです。

・仕入決済は、建築確認取れてから決済
  これが一番私たちの業務に直結致します。
  プランニングの期間も考慮すると
  決済期日の1か月半前には
  確定測量完了が望ましいのかもしれません・・・
  決済期日まででいいや、という考えを捨てなくてはいけないと再認識です。

・仕入決済の移転登記が完了したら、即分筆
  建確がすでにとれているから、すぐにできるんですね。  

・仕入決済したら、決済日に着工するぐらいの勢いが必要
  す、すごい
  あれ、解体はいつやるんだろう・・・  

・利益率よりも回転率を重視
   一切の無駄のない工程管理という事なんですね
   正に時は金なり
   分筆、仮杭迅速にやらないといけませんね 

・地方では、中小ビルダーが大手ビルダーに巻き返しが進んでいるところもある。

・地方の分譲は、土地代と建物代の割合が 1:3
  土地代500万+建物代1500万=総額2000万なんだそうです。
  500万の土地売買で、確定測量の費用ってどうなっているんだろうと興味津々

いやあー
いろいろ参考になりました。
私達の業務も、視点を変えると気づかされることが沢山あります。
分譲業者様のお役に立てるように、
工夫することがまだまだありそうです。

この記事を書いたプロ

関太郎

相続地の価値を活かし隣と円満に境界線を決める土地家屋調査士

関太郎(土地家屋調査士 関太郎 登記測量事務所)

Share

関連するコラム

関太郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
045-225-8974

 

平成31年1月31日に事務所移転に伴い、電話番号が変更になりました。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

関太郎

土地家屋調査士 関太郎 登記測量事務所

担当関太郎(せきたろう)

地図・アクセス

関太郎プロのコンテンツ