マイベストプロ神奈川
一寸木国博

「聞こえ」の悩み改善をお手伝いする認定補聴器技能者

一寸木国博(いちずきくにひろ)

補聴器プラザ小田原

コラム

補聴器よりまず耳鼻科受診!というケース

2019年7月6日 公開 / 2019年10月9日更新

テーマ:補聴器の選び方

オージオ伝音2

先日ご相談に来られたお客様のケースをご紹介します。

記憶が確かではないが、1年以上前に右耳が聞こえづらくなった。
突発性難聴ではないかと思ったが、耳鼻科受診しないまま日数が過ぎてしまった。
突発性難聴はすぐに受診しなければ、回復は難しいと聞いていたのでそのまま諦めてしまった。
もしかしたら加齢によるものかもしれないとも考えたそうです。
しかし、聞こえづらい状況に不自由を感じて当店に相談に来られました。

測定してみると、突発性難聴でよく見られるような聴力とはちょっと違うなと・・・

右耳は上の図で赤で示されたラインになります。
〇で結ばれた線は気導聴力、ヘッドホンから検査音を聞いて反応があったところです。
確かに中等度難聴程度まで下がってきています。

その一方で、〔 のようなコの反対向きで示された赤い印は、右耳の「骨導聴力」です。
こちらは、ずっと上の方にあるのが分かりますね。

骨導ではしっかり聞こえているけれど、ヘッドホンからの音はよく聞こえない。
これは完全に伝音難聴と呼ばれるものです。

中耳、鼓膜~耳小骨などの部分で何らかの障がいが生じている可能性が考えられます。
そうなると、

補聴器を検討するより前にまずは耳鼻科を受診してください

という話になります。

どうせ治らないだろう・・などの自己判断は危険です。
急に聴力が低下した、などのケースはすぐ医師に診てもらってください。
治療で改善する可能性があります。


さらに・・・
当店のスタッフがある補聴器に関わる講習会に参加した時の話。
それは初級レベルの講習会でした。

聴力測定の実習時に、周囲の参加者がヒソヒソ話しているのが聞こえて来たそうです。
その衝撃の内容とは・・・?

「骨導測定ってしたことある?」
「え~、そんなの店長もやってるの見たことないけど!」

おお恐い!・・・恐すぎる話です!

いやしかし、私はメーカー営業マン時代に実際に骨導測定など一切しないで補聴器販売している店をたくさん見たことがある!
そもそも、骨導測定の機能がない機器しか置いてない販売店も!

耳鼻科受診せずに、最初からそのような店に行ったら・・・・
今回の例のお客様も、恐らくは補聴器を売りつけられていることでしょう。
そのような店で補聴器を買ってしまった人にとっては、知りたくなかった現実!
しかし世間に溢れている現実!

そんな事がまかり通っている日本国内の補聴器販売のレベルの低さ。
皆様もお気を付け下さい!

補聴器の相談は専門家へ!

認定補聴器専門店 補聴器プラザ小田原

この記事を書いたプロ

一寸木国博

「聞こえ」の悩み改善をお手伝いする認定補聴器技能者

一寸木国博(補聴器プラザ小田原)

Share
関連するコラム

一寸木国博プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0465-42-9570

 

測定中等で応答できないことがあります。
営業時間内の電話については番号通知されていれば、必ずかけなおします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

一寸木国博

補聴器プラザ小田原

担当一寸木国博(いちずきくにひろ)

地図・アクセス

一寸木国博のソーシャルメディア

rss
補聴器プラザ小田原 アメーバブログ
2019-10-09
facebook
Facebook

一寸木国博プロのコンテンツ