マイベストプロ神奈川
一寸木国博

「聞こえ」の悩み改善をお手伝いする認定補聴器技能者

一寸木国博(いちずきくにひろ)

補聴器プラザ小田原

コラム

耳穴式補聴器のデメリット解消策

2019年4月17日 公開 / 2019年9月11日更新

テーマ:補聴器の選び方

doubleair

耳穴式補聴器のメリットについては先日記事にしました。
記事はこちら

耳穴式補聴器には、閉塞感や自声の響きといったデメリットもありますが、
これを何とか解消しようと各補聴器メーカーも様々なアイデアを出してきます。

今回ご紹介するのはリサウンド社の「ダブルエア」と呼ばれる補聴器。


doubleair

一見なんの変哲もない普通の耳穴型補聴器かと思いますが、良く見てみると耳道に入る部分の形状が少し違います。

CIC
これは普通の小型耳穴式補聴器

比較してみてお分かり頂けるでしょうか。

doubleair2
耳の穴に入る部分に大きく欠けた部分があり、また通気孔も大きく開けられています。
これにより、外部へ少し音が抜けるのと同時に、外耳道の皮膚に接触する面積も減るわけです。

こうすることで圧迫感の軽減、そして自声のこもり感の軽減を同時に達成できます。

外へある程度の音抜けがしますので、パワーの必要な高度難聴には適用できませんが、
軽中度の初めて使う方には良いアイデアかと思います。



virtob2

こちらはフォナック社のバートBと呼ばれる小型補聴器。
こちらは大変小さいので耳穴の奥まで入り、やはり圧迫感が少ないタイプ。
写真では少々わかりづらいですが、外耳道の皮膚に触れる部分に段をつけて、やはり接触面を減らすことが出来ます。

圧迫感軽減のカギは、「接触面積」とベント径(通気孔の大きさ)

小型の耳かけ形補聴器を使っていて、耳が痒くなるなどの症状が気になる方は、次回は耳穴型も検討してみてはどうでしょうか。

補聴器の相談は専門家へ!

認定補聴器専門店 補聴器プラザ小田原

この記事を書いたプロ

一寸木国博

「聞こえ」の悩み改善をお手伝いする認定補聴器技能者

一寸木国博(補聴器プラザ小田原)

Share
関連するコラム

一寸木国博プロのコンテンツ