まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ茨城
栗山勇次

3年後4年後の状態に責任を持つ正直な塗装職人

栗山勇次(くりやまゆうじ)

株式会社ワークアート

お電話での
お問い合わせ
029-350-1855

コラム

塗装工事で失敗する人

外壁塗装の話し

2017年2月14日

屋根 外壁の塗装で失敗しない為のアドバイス

あこがれのマイホームに住みだすと、いろんな訪問者が来ます。
新築祝いの知人 友人だととても嬉しいですが、その様な訪問者ばかりではありません。
「新聞とって下さいよ」・「新車いかがですか」・「太陽光発電どうですか」・「ベランダの上にテラスをつけませんか」などの、勧誘。
うるさいなと思っていると、こんどは電話が鳴り、受話器を取ると、
「千円お試しクリーニングですけど」・「お墓いかがですか」・「屋根の無料点検です」・「塗装工事いかがですか」とあきれるほどの営業攻勢。 
これらは「うちは、結構です。」と断れば簡単に終わる。
「今は不景気だから、営業の人は大変ね」と、他人ごとに思っていると、ある時期を境に状況が一変する。
その時期とは、築年数が5年を過ぎてくると、ある業種の営業マンが異常に増える。それは、住宅塗装の営業マンでる。
こんどは、あなたの家をめがけてやってくる。
「ペンキ屋ですけど、そろそろいかがですか?」
「まだ建てたばかりですから、結構です」
「それでは、何かありましたらお願いします。」と帰る。しかし更に2~3年が過ぎると、
「ペンキ屋です」のことばに、条件反射的に、「うちは結構です」と断っても、今度は、帰ろうとしない。
「壁にひびがありますよ」「壁の防水が切れて大変なことになるよ」「雨漏りの原因になるよ」
「苔が生えてみっともないよ」など、言いたい放題である。
しかも いろいろな塗装業者(訪問販売業者)が週に2~3人やって来る。 
確かに、苔が生えたり・ひびもある。毎日、気にして見ていると、少しずつ増えているのもわかる。
しかし、家計はきびしい。子供にお金がかかる。給料も…。少しでも手入れの時期は先に延ばしたい。
「まだ雨漏りもしていないから大丈夫」と思いたい。でも、余りにも営業マンが来るので、少し不安に感じるのも事実。
いちいち断るのも、面倒くさい。ひどい営業も多い。そうか、塗装工事をやれば、この苦痛から開放されるに違いない、と思い出す。
そしたら、うちの家は「普通」のペンキで、いくら位するのかな?と思い始めた時、感じの良さそうな営業マンに聞いてみた。
「この家は、普通のペンキでいくら位するの」「ちょっと家を見させてください」と言うので一緒に家を見ながら
「何坪ですか?」「だいたい三十坪ぐらい」 と言ったら「今度、見積りを持ってきます」と帰った。
翌日その見積りを頂き、家族で検討してみた。すると疑問がいくつか湧いてきた。
「家を測っていないのに、どうして三十坪が分かるのかしら?」「窓などは塗らないのに?」「ほかにどんな塗料があるのか?」
「足場代サービスすると言うが金額を引いて貰って手抜きされたらどうしよう?」など疑問が、不信へと、どんどん変わっていき、結局断った。
今度は、近所で工事をしているという会社の若い営業マン。とても熱心なので、「いくら位するの」と聞いてみた。
すると、「詳しい者がいますから、後で連れて来ます。」との事。一時間後、詳しい人が来て、いろいろと教えてくれた。
その後、外壁を触って、「この白い粉が付くでしょう。これ何だか分かりますか?」
「これは、チョーキングと言って、外壁の防水が切れている状態。」「このままだと、雨が降るたびに、壁から水が染み込んで、大切な家の柱が腐ってしまいますよ。」
「今のうちに塗らないと、家が大変なことになる」と言われた。(実はこれが素人営業マンが使う営業トーク)
初めて聞く言葉に、そんなに良くないのなら、何とかしなければ大変と思い、見積りを出してもらう為に、細かく測ってもらった。
するとその夜に見積書を持って来た。 やけに速いなと思いながら、主人と一緒に話を聞いた。
そして、見積書を見たら、以前の所より、かなり高い。「高いね」と言うと「いい塗料ですからこのくらいしますよ」と言う。
それでは、後日返事をすると言っても、なかなか帰らない。そのうち値段を下げるから、「今日契約してほしい」と、色んな事情を話し出す。
あまりに熱心だし、近所で工事をしているなら変なことはしないだろうと思い、契約をした。
いよいよ工事が始まった。
完成後の出来ばえはどうだろうと、期待と不安の中、工事は順調に進み八分ほどが完成した時、塗るはずだった箇所が塗られていないのに気づいた。
職人に聞いてみると「そこは塗らない事になっている。」と言う。営業マンに確認をすると「塗ると約束した覚えは無い」と言う。
結局、「言った」「言わない」の話になってしまった。契約前の人の良さそうな笑顔は一転して、威圧的な態度となり、最後には「塗るのであれば別料金になる」と言い出した。
更に、悪いことに、窓ガラスにペンキが付いているのに気付いたので、クレームを言うと「多少のペンキが付くことは仕方がない」と軽く、ながされてしまった。
なんだか、納得のいかないまま、工事は完了と言うので「工事代金を払う」と、さっさと引揚げてしまった。
「信用して頼んだはずなのに…」。 こんなはずではなかった。
改めて家をよく見渡すと、雨戸の一部がへこんでいる。エアコンの室外機までもへこんでいる。
更に、ペンキの塗り残しや、ムラが目立つ。施行した、会社にクレームの電話をしても、なかなか対応してくれない。
この時、ついに怒りが爆発して、国民生活センターに相談をしたが、事務的な扱いで、らちがあかず、なんの解決にもならなかった。
「失敗した」「騙された」「損した」と、思う瞬間です。
大げさに思えるかも知れませんが 珍しい話ではありません。

この記事を書いたプロ

栗山勇次

栗山勇次(くりやまゆうじ)

栗山勇次プロのその他のコンテンツ

Share

栗山勇次プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
029-350-1855

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栗山勇次

株式会社ワークアート

担当栗山勇次(くりやまゆうじ)

地図・アクセス

栗山勇次プロのその他のコンテンツ