まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
永田之子

心と心をつなぐ会話&コミュニケーションレッスンのプロ

永田之子(ながたゆきこ)

トークナビ

コラム

話しの構成力  話し方&マナーの個人指導 永田之子

話し方

2018年6月24日 / 2018年6月25日更新

こんにちは。
永田之子です。

「伝わらない話し」でのお悩みには

「話が長い」
「何を言っているのかわからない」
と言われた。また
「自分が話している時に
相手があくびをしたり貧乏ゆすりをする」などという
笑えない話も多く出てきます。


相手がまともに自分の話を聴いてくれず 
退屈そうにしている状況は辛いものです。

そこで今回はそんな「「伝わる話」ができるようになる
初歩的な「話しの構成力」を付けたいと思います。


まずはじめにする事


それは「話す内容を用意する」。


人に話が伝わらない方のほとんどが
自分でも何を伝えたいのかがわかっていません。

ですのでどんな話をどんな風に伝えるかをまずはまとめます。

伝えたいことをメモに取ったり、難しい言葉は同じ意味の分かりやすい言葉に変換したりします。
会議やプレゼンなどであらかじめ議題やテーマが決まっていたら、それらに関する資料まとめや
インターネットなどでの情報集めが必要になります。

時間をかけて練れば練るほど質の良い内容になります。

そして内容がまとまり原稿ができたならば「読みの練習」をします。
話すスピードは300文字を1分で話すくらいが聞きやすいでしょう。


レッスンにお越しになる方の多くは内容の骨子がまとまっているくらいです。
それを教室では次のようにまとめていきます。


全体像→ポイント→全体像


話し方はこんな風に話します。
「今から○○についてお話します。ポイントは3つあります」

「1つ目は・・・。」
「2つ目は・・・。」
「3つ目は・・・。」


「以上が〇〇の3つのポイントです」


きっとこれ以上のポイントもあるでしょう。
しかし聞いている人たちの理解度などを考えると
この3つくらいにまとめる(暫定的に)方法が効果的です。


そしてこの後 質問などが出れば詳しく話していけば良いのです。

話しの長さは30秒~1分

イレギュラーな形や 長く話す場合もこの話の構図を
応用することでいくらでも長い話を退屈させないで話す事が可能になります。


「このペンの特長は3つあります。
1つ目は書きやすい
2つ目は色がきれい
3つ目は値段が安い
以上がこのペンの特徴です。」


・・・わずか数十秒で言いたいことは言えました。
相手が興味を示してくれれば その後十分に詳細を話していきます。

最初の数十秒で相手の心を捉えればその後の1時間をもらえる・・・。

最初から沢山話す必要はありません。
構図を使い全体像と概要を話したらいったん黙る。


そして様子を見ながら詳細に入っていきます。
こんな風に話します。

「・・・それでは先ほどの3つのポイントについて詳しくご説明していきます・・・♪」



■話しの構成力をつけるレッスン→http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/

■体験レッスン受付中→http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/
(レッスン例)話し方、コミュニケーション、マナー、ボイストレーニング、婚活のご相談
※体験レッスンの内容は皆様のご希望に応じてご準備をさせていただいています。
お申込みの際、簡単にご相談内容をお知らせくださいませ。


■個人レッスンのお申込みはこちら→ http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/

■ホームページ→http://talknavi.jp

■[永田之子]YUKIKO NAGATA
元アナウンサー。話し方&マナー講師、婚活アドバイザー。
全ての世代の人に「心と心をつなぐ会話」のコンサルティングを20年間で10,000人に提供。
「人と楽しく話せるようになる」ことでコミュニケーションに貢献。現在、西宮で話し方&マナー教室「トークナビ」を主催。神戸、関西、近畿エリアを中心に全国からの受講生が集まっている。

この記事を書いたプロ

永田之子

永田之子(ながたゆきこ)

永田之子プロのその他のコンテンツ

Share