まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
松本孝一

介護業界で働く人を「笑顔」にするプロ

松本孝一(まつもとこういち)

株式会社オフィス松本

お電話での
お問い合わせ
0798-20-0259

松本孝一プロのコラム一覧:JIJICO【毎朝3分間の知恵チャージ】

 認知症患者の割合、先進国で日本が1位  認知症患者の割合が先進国で日本が1位となりました。なぜ、日本は認知症患者数が多いのでしょうか?また、認知症患者数を増やさない取り組みを世界に発信することが必要となる点について解説しています。jijico記事

 高齢者ドライバーの事故が社会問題に! 高齢者の運転事故が増加し、社会問題となっています。しかし、車無しでは生活できない地域が多く、どのようにすれば、高齢者の運転事故が減るのか?また、各地域では、様々な取り組みが行われているようですが、まだまだ結果に繋...

 介護格差の拡大!介護業界に未来はあるのか? 介護業界は、もはや崩壊しているのか・・・介護サービスの質の低下、介護職員の人材不足、介護業界から離れる人材・・・更に次回の介護保険改正では、利用者(高齢者)に対して、3割の負担を決定しています。高齢化社会...

 老々介護が3割超え!その裏側で認知症問題も 厚生労働省の調査で、75歳以上同士の「老々介護」が過去最高の30%を超えました。また、介護の必要となる原因が「認知症」となり、ますます介護者への負担が深刻となってきています。「老々介護」が増加する中で、その支...

 ひとりで旅立つことが寂しいとは限らない・・・ jijicoに掲載いただきました。核家族化が進み、独居高齢者も増えてきています。そのため、子供達などに囲まれた「絵に描いた様な大往生」が減り「孤独死」が増加傾向にあります。孤独死を避け安心して旅立つために今しておく...

 認知症徘徊を地域で支える! 認知症関連での行方不明者数は3年連続で1万人を超えています。認知症の徘徊を防ぐため、大阪府警は保護した高齢者らの情報を居住する自治体に提供する取り組みを始めました。認知症徘徊防止につながるのでしょうか。jijico記事「認知症徘...

在宅支援がこれからの介護を支える時代・・・そのような中、自宅や老人ホームなどでの最期である看取り率は、自治体間で大きな差があります。在宅医療体制による看取りを充実させるには自治体が中心となり、医療と介護、地域が高齢者の在宅生活を支えるシステムを築くことが...

 超高齢化の日本でもあり、認知症大国へも・・・・ 超高齢化が進む日本ですが、これと呼応するように認知症高齢者の数も年々増えています。認知症高齢者を家族だけで支えることが困難になりつつある中、国が速やかに対策を講じることが重要になってきます。そのための...

高齢者介護を巡る家族間の殺人や心中などの事件が、2013年以降、全国で少なくとも179件発生しているそうです。高齢夫婦の老々介護の末の悲劇が多いようですが、高齢化がますます進む中、このようなことが増えることが懸念されます。その原因、解決策は、どこに...

 認知症介護をする上で注意しておくべきポイントとは? 認知症介護で理解すべきことは、介護者の気持ちが、そのまま認知症の人に伝わるということです。介護者が認知症の方を受け入れ、自身の心を変化させて接することで認知症状が和らぎ負担が軽減されることに繋がります。益々増...

松本孝一プロのその他のコンテンツ

Share

松本孝一のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-05-18
facebook
Facebook