まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
門下彰宏

地域に密着した住宅塗装のプロ

門下彰宏(かどしたあきひろ)

門下塗装

お電話での
お問い合わせ
0120-803-309

コラム

和風の木製軒天(ピーリング軒天)の塗り替え

軒天 塗り替え 木製 和風 ピーリング

2016年12月7日 / 2016年12月9日更新

 これまでは通常の塗料で塗りつぶしての塗り替えしかできなかったピーリング軒天の塗り替えについて書いてみます。

ピーリング軒天塗り替え前

 まずはピーリング軒天とは何か?わからない方もいらっしゃると思います。最近の新築住宅では軒天ボードが使用されているので、ほとんど使われていないのですが、軒天に貼られた木目の入った板のことを言います。木目があるといっても木製の物と合板に木目をプリントした物を貼り付けたものとがあります。これらの見分けは素人では難しいです。
 今回ここに書いてくのは木製のピーリングの塗り替えについてです。
 未塗装または防虫防腐塗料のみで塗られている軒天の場合は漂白し、再度防虫防腐塗料で塗り替えるか着色し外部用クリヤー塗りで木の感じを残した仕上がり出来ます。
 問題になるのは傷んでしまって色むらが出ていてしかもクリヤーがかかっているピーリング軒天です。木部に着色するには着色材を木に吸い込ます必要があるのですがクリヤーがかかっていると吸い込みがありません。そのため表面のクリヤー塗膜を剥離しないと着色できないのです。しかも天井の塗膜を剥離するのは至難の業です。したがって下塗り1回・上塗り2回塗りで通常のペンキを使った塗りつぶしての塗り替えが一般的です。

塗り替え1回目

塗り替え2回目
 今回の塗り替えに使用した塗料は和信化学の木材保護塗料ガードラックアクアで、この塗料は水性で臭いがほどんどなくしかも高耐久で剥離などが非常に起きにくい塗料となっています。また隠ぺい性が高く元々の色より薄い色で仕上げることが出来るのも大きな特徴です。
 半造膜タイプの塗料のため木目がきれいに出るという仕上がりではありませんが、塗りつぶしの仕上がりとは違いピーリング軒天らしい仕上がりになります。
 
ピーリング軒天仕上がり
 門下塗装では、このガードラックアクアをウッドデッキや木製のベランダ手摺壁や手摺の塗り替えにもよく使用しています。

この記事を書いたプロ

門下彰宏

門下彰宏(かどしたあきひろ)

門下彰宏プロのその他のコンテンツ

Share

門下彰宏プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-803-309

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

門下彰宏

門下塗装

担当門下彰宏(かどしたあきひろ)

地図・アクセス

門下彰宏プロのその他のコンテンツ