まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
古田昌也

サービス業の視点と職人技術を兼ね備える鈑金塗装修理のプロ

古田昌也(ふるたまさや)

フルタ自動車鈑金

お電話での
お問い合わせ
058-246-1551

コラム

Nワゴンのキズヘコミ修理

くるまのキズへこみコラムはじめました。

2017年1月9日 / 2018年1月9日更新

こんにちは 岐阜市の自動車キズ・へこみ・板金(バンキン)塗装修理専門工場
青いカンバンが特徴的な フルタ自動車鈑金 (古田板金) 古田昌也 です。



今回は、Nワゴンのキズヘコミ修理をご紹介します。壁に少しだけあたってしまいドアのヘコミとバンパーにキズが出来ています。若干分かりにくいために、赤丸で見やすくしてみました。少しだけのキズやヘコミでも気になりますよね。そして修理金額がどのくらいかかるのか不安です。そのまま放っておくと大変なことになり、修理だけでは済まない事にもなりかねません。
そして、僕が最もお伝えしたい事、それは多くの鈑金塗装工場は修理した鉄板に錆び止め作業を施していない事!が判明しました。



こちらの画像は弊社のお客様が花壇でこすってそのまま何か月も放置し、錆びてボロボロになった状態です。今回のNワゴンのように、少しだけのヘコミだキズがついていても、放っておくとこのようになりますので、ご注意くださいね。
さて、本題です。先程多くの鈑金塗装工場は錆び止め作業をしていませんとお伝えしました。しかし、きちんと作業を行っていらっしゃる工場もありますので一度確認してみてはどうでしょうか。



では、Nワゴンのキズヘコミを実際に鈑金修理していきます。まずへこんだパネルをハンマーや特殊な道具で元の形になるまで何回も叩きます。ある程度形になったら、事前に外していた、バンパーやテールランプを取り付けます。全体の隙間や曲線なども確認し次の工程、錆び止め作業に入ります。ここが重要です。多くの鈑金塗装工場は、板金作業をして、次の工程を錆び止め作業を行わず、パテ整形に入ります。なぜ、多くの板金塗装工場は錆び止め作業を行わないのか?
それは、ディーラ等の下請け仕事を行っているからです。え?



ディーラー等の板金塗装工場は、納期期限を課せられます。板金塗装工場はディーラの指示に伴い納期に間に合わせようとします。しかし、時間と日にちが迫ってきます。何かの作業をすっ飛ばし納期を守ろうとしているのが現状です。そこで板金作業後は錆び止めをすっ飛ばし、業務改善などと言う事で作業時間を大幅に短縮しています。
納車されたお客様は治ってきた愛車に喜びを感じるも、数か月後には修理した個所の不具合に違和感を持つ事に、
結果、愛車が錆びてくるかもしれません。弊社では、大切な愛車のダメージを少しでも軽減し丁寧に作業をさせて頂きます。

=== 安心・信頼の「くるまの総合病院」 ===

フルタ自動車鈑金
古田 昌也
〒500-8135 岐阜市織田塚町1-12
TEL:058-246-1551
ホームページアドレス
http://www.furuban1551.com/

= くるまをいつまでもキレイにながく経済的に! =

この記事を書いたプロ

古田昌也

古田昌也(ふるたまさや)

古田昌也プロのその他のコンテンツ

Share

古田昌也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
058-246-1551

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古田昌也

フルタ自動車鈑金

担当古田昌也(ふるたまさや)

地図・アクセス

古田昌也のソーシャルメディア

facebook
Facebook

古田昌也のソーシャルメディア

facebook
Facebook