マイベストプロ福島
佐藤昌徳

空き地、空き家の売却からお片付けまで、不動産のプロ

佐藤昌徳(さとうまさのり) / 不動産業

株式会社ビーティーアール

コラム

空き家を売りたいけど農地はどうしようという方に少し朗報

2020年3月18日 公開 / 2020年3月27日更新

テーマ:空き家問題

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: 空き家対策土地購入 ポイント空地 活用

空き家に付随して農地があったら?

 農地を売買する場合は、農地法第3条の規定に基づき、当事者が農業委員会の許可を受けなければなりません。
 その許可基準には、持ってる農地は使いなさいという全部効率利用要件、世帯員が農業従事者でなければならない農作業常時従事要件、周辺の農地利用に影響を与えない地域との調和要件等がありますが、もう一つ申請する農地を含め、耕作する農地の合計面積が、下限面積(福島市の場合40アール(4,000平方メートル))以上であることという要件があります。(下限面積要件)
 そのため、空き家になっている農家住宅と農地2000㎡を売りたいという場合は、農家でなければ購入することが出来ませんので、とても売りにくいことになってしまっています。
 先日、仲介した農家住宅は隣接して約1000㎡の畑がある物件でした。20代のご夫婦に物件を購入していただきましたが、問題は隣接する畑をどうするかです。売主様は畑をご夫婦に贈与しても良いという意向でしたが、なにぶんご夫婦は農家でないため農地を贈与できませんでした。このケースでは、仕方なく、ご夫婦に近くの農地を借りてもらい暫く農家になっていただき、その後、贈与して隣接する畑の所有権を取得していただくことになりました。
 このように、空き家に付随して農地がある場合、その農地の所有権を移転するのはとても大変な事なのです。

農家住宅と畑

空き家に付随した農地の別段面積取扱が可能に

 福島市では2月28日から空き家バンクに登録された空き家と共に権利を取得する場合、下限面積40アールが0.01アール(Ⅰ㎡)になりました。
 空き家に付随して農地がある場合は以下の取扱いになります。
①まず空き家を空き家バンクに登録
②空き家に付随する遊休農地を別段面積・区域に指定申請
       ↓
  農業委員会総会で議決
       ↓
  農地を下限面積0.01a区域に指定・告示(地番指定)
③0.01a区域の農地を登録
 上記の流れで空き家とそれに付随する農地が空き家バンクに登録されれば、空き家と併せて付随した農地を購入希望者が購入できることになります。
 面積は少なくともあくまで農地なので、農地を農地として利用する農地法3条許可申請を行い、農業委員会の議決を経て農地取得の決定を受け、農地の所有権移転手続きを行うということになります。

空き家に付随する農地がある方はまずご相談ください

 宅地廻りの農地と一緒に空き家を売却したいとお考えで、農地の取扱いに困っていらっしゃた方は是非ご相談ください。
 農林水産省の資料では、平成30年10月現在福島県内において、空き家に付随する農地を取得する場合に下限面積を引き下げている市町村数は1ヵ所のみでしたが、最近私が調べたところでは、福島市と白河市が0.01a(1㎡)、喜多方市が0.1a(10㎡)、浪江町と只見町、南会津町、会津美里町が1a(100㎡)の下限面積を定め7市町になっています。
 この流れは国が「田園回帰等の移住促進に向けて空き家や農地を地域資源として活用」と題して進めている政策ですから、今後も県内全域で市町村が増加すると思われます。

この記事を書いたプロ

佐藤昌徳

空き地、空き家の売却からお片付けまで、不動産のプロ

佐藤昌徳(株式会社ビーティーアール)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

佐藤昌徳プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
024-553-0121

 

0120-012-197のフリーダイヤルからの連絡もお待ちしています。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤昌徳

株式会社ビーティーアール

担当佐藤昌徳(さとうまさのり)

地図・アクセス

佐藤昌徳のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2018-07-30
twitter
Twitter
2020-03-23
rss
ブログ
2020-03-02
facebook
Facebook

佐藤昌徳プロのコンテンツ