まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
豊島大

瓦から遮熱まで屋根周りの悩みに何でも応えるプロ

豊島大(とよしまだい)

有限会社トヨシマ瓦店

お電話での
お問い合わせ
080-6398-2709

豊島大プロのコラム一覧

屋根点検

2018-06-09

先日、屋根点検用のドローンを導入しました!じゃーんiPadで、撮影した画像をその場で確認できるようになっています。撮影した画像がこちら一般住宅はもちろん古くなった大波スレート等の屋根に上がるのが危険な建物でも安全に現場調査ができるよ...

今回は断熱と遮熱の違いを紹介したいと思います。結論から言うと、断熱と輻射では対策できる熱移動の方法が違います。断熱・・・伝導、対流遮熱・・・輻射上記のように断熱は伝導と対流。遮熱は輻射の対策になります。2種類の熱移動に対応しているんだから、やっぱり断熱のほうが熱対...

前回の記事で熱移動の三原則の内、建物に対して「輻射」の影響が最も大きいと言った理由を説明します。前回の記事はこちら地球の温度に影響を与えているものは、皆さんが考えるように太陽です。夏は容赦ない日差しで瓦屋さんを熱中症に追い込み冬はポカポカの日差しで瓦屋さんを温めて...

マイベストプロの紹介記事でも掲載している遮熱工事についてですが、どのような理由で暑さ、寒さ対策工事と謳っているのか記事をいくつかに分けて説明したいと思います。なぜ建物は夏場暑く、冬は寒くなるのでしょうか?その理由を理解してもらうためには、熱の伝わり方を理解する必要があり...

愛媛の菊間瓦や淡路瓦などの銀瓦の事を言います。素焼状態の瓦が入った窯に炭素を注入して、瓦から酸素が抜ける温度で焼成することによって表面も割ったときの中身も銀色になります。簡単に言えば燻製しているようなものです。瓦の表面には炭素被膜が出来ていて、そこに光が乱反射する...

名前の通り、釉薬を塗らずに焼き上げた瓦です。素焼や窯変と言われるものです。素焼は瓦の粘土に含まれる酸化鉄によって赤褐色ですが(石州瓦は白っぽい)窯変は還元焼成という、瓦の酸素を抜いていくような焼き方によって釉薬を使わずに自然な色ムラの瓦を作ることが出来ます。...

屋根

2018-03-20

瓦の白地(粘土を成型して乾燥させた状態のもの。ちなみに成型のみで乾燥させていないものを荒地といいます。)に釉薬を塗って焼き上げてあります。釉薬は焼くことによって表面がガラス質になり、経年劣化により色が剥がれ落ちたりする心配もありません。豊富なカラーバリエーションから自...

豊島大プロのその他のコンテンツ

Share

豊島大プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-6398-2709

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

豊島大

有限会社トヨシマ瓦店

担当豊島大(とよしまだい)

地図・アクセス

豊島大のソーシャルメディア

instagram
instagram
twitter
twitter
2018-08-08
facebook
facebook

豊島大プロのその他のコンテンツ