まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
豊島大

瓦から遮熱まで屋根周りの悩みに何でも応えるプロ

豊島大(とよしまだい)

有限会社トヨシマ瓦店

お電話での
お問い合わせ
080-6398-2709

コラム

遮熱のしくみ(その3)

遮熱工事について

2018年5月23日

今回は断熱と遮熱の違いを紹介したいと思います。

結論から言うと、断熱と輻射では対策できる熱移動の方法が違います。
断熱・・・伝導、対流
遮熱・・・輻射
上記のように断熱は伝導と対流。遮熱は輻射の対策になります。

2種類の熱移動に対応しているんだから、やっぱり断熱のほうが熱対策には適しているんじゃないかと思われますが、前回の記事で紹介した通り、建物に影響する熱移動は
伝導・・・5%
対流・・・20%
輻射・・・75%
なので、遮熱は75%、断熱では25%しか対応できていないわけです。

暑さの原因である太陽からの電磁波ですが、電磁波の中にもいろいろな種類があります。
下の図をご覧ください。



この中で、暑さ寒さに最も関わってくる電磁波が赤外線です。
インターネット等で調べて頂いても同じことが書いてあります。

上記の件を理解していただいたうえで
断熱と遮熱の輻射に対しての違いを実験した資料をご覧ください。




赤外線ストーブは熱源である太陽と見立てています。
断熱材は性能ごとにランク分けされていて、A~Fランクまでありますが
この実験で使用しているのは最高ランクのFランクの物を使用しています。

実験の通り、断熱材と遮熱材では輻射に対する性能が全く違うことがお分かりいただけると思います。

遮熱の仕組みについては以上になります。

今後も遮熱以外の事も含めて紹介していきたいと思います。

この記事を書いたプロ

豊島大

豊島大(とよしまだい)

関連するコラム

豊島大プロのその他のコンテンツ

Share

豊島大プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-6398-2709

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

豊島大

有限会社トヨシマ瓦店

担当豊島大(とよしまだい)

地図・アクセス

豊島大のソーシャルメディア

instagram
instagram
twitter
twitter
2018-08-08
facebook
facebook

豊島大プロのその他のコンテンツ