まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
内田三郎

熟練の技術と経験豊富なベテランピアノ調律師

内田三郎(うちださぶろう)

ウチダピアノ調律所

お電話での
お問い合わせ
043-239-9932

プロフィール

内田三郎プロの写真

内田三郎プロの一番の強み

熟練された確かな技術力で、演奏環境をトータルサポート

40年以上の実績と経験を持つベテラン調律師で、家庭用からコンサートホールまであらゆるピアノの調律を行う。また、調律のみならず、ピアノに関する相談に広く応じており、演奏環境をトータルでサポートできる。

経歴

静岡県浜松市出身。地元の高校を卒業後、東洋ピアノ製造株式会社本社工場製造部、調律班で調律技術を修得。1968年には株式会社大橋ピアノ研究所の工場技術研修生として、日本で初めてピアノを設計したと言われている故・大橋幡岩氏に師事し、ピアノ製造の全工程(フレーム、響板、張弦等、本体組立、仕上げ)を修得、ピアノ設計や製造の講義を受講した。その後、アトラスピアノ製造株式会社本社工場製造部にて、技術研究生として技術(アクション及び鍵盤等の組立、仕上げ調整、又、出荷調律、整音)を修得。1971年からは拠点を関東に移し、日本楽器製造株式会社(現・ヤマハ株式会社)東京支店技術課ピアノ技術嘱託として、8年間千葉店勤務(家庭、学校関係、ホール等のピアノ調律を担当)。
1979年には、ドイツのスタインウェイ社に日本人として初めて工場に入り、その技術を日本に持ち込んだとされる、有限会社杵淵ピアノ調律所の故・杵淵直知氏に師事。各ホールにてスタインウェイ&サンズ、ベーゼンドルファーなどのコンサート調律を研鑽(けんさん)、また修理工場では解体修理などの技術を修得。
1980年に独立し、千葉県千葉市に「ウチダピアノ調律所」を設立。現在に至るまでピアノ調律、修理、販売などを取り扱っている。
さらに1998年~2009年までは、スタインウェイ代理店である株式会社松尾楽器商会の技術部委託技術者として、千葉県内をはじめ、東京都内及び関東地区の各主要ホールにおいて、スタインウェイ&サンズでのコンサート調律を研鑽した。

実績

● STEINWAY&SONS スタインウェイ会 会員
● 総務省 内閣府管轄 一般社団法人 日本ピアノ調律師協会正会員
● 桐朋学園大学、NHK放送センター、都内各ホールなどでスタインウェイ&サンズ、ベーゼンドルファーなどのコンサート調律を担当。

DATA

氏名
内田三郎(うちださぶろう)
屋号
ウチダピアノ調律所
事業内容
ピアノ調律・整調・整音・修理・消音装置取付
ピアノレンタル・運送取次・防音工事取次
中古ピアノの買取・販売(厳選ヤマハ中古ピアノ)、新品ピアノの販売
取扱分野
ピアノ調律
特徴
● 家庭用からコンサートホールのピアノまでの調律を行うピアノ調律師。長年の経験と確かな技術力を持ち、調律以外にも修理や消音装置の取り付け、防音工事の相談など、ピアノ全般に関する相談にも幅広く応じている。

● 特にヤマハにこだわった中古ピアノの販売
職種
ピアノ調律師
住所
〒260-0042
千葉県 千葉市中央区椿森1-22-20 メゾン千葉大丸1A
電話
043-239-9932
営業時間
不定(お問い合わせください)
定休日
不定(お問い合わせください)
ホームページ
http://uchidapiano.com

内田三郎プロのその他のコンテンツ

Share

内田三郎のソーシャルメディア

facebook
Facebook

内田三郎プロのその他のコンテンツ