まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
大串一稔

日本人に適した優しい漢方を処方する薬剤師

大串一稔(おおくしかずとし)

漢方療法 元気堂薬局

お電話での
お問い合わせ
047-426-2076

大串一稔プロのコラム一覧:その他

その他

2018-04-21

 店頭で、ときどき、「先生、うちの子、勉強しなくて困るのよ。頭が良くなる漢方薬ってない?」と冗談まじりにおっしゃる方がいます。もちろん、勉強しないで成績が上がる漢方薬はありませんが、記憶力や集中力を向上させる漢方薬はあります。漢方では、「腎は精を蔵し、精は髄を生ず。」とい...

その他

2017-12-02

日本産科婦人科学会のホームページでは、「更年期障害の主な原因は卵胞ホルモン(エストロゲン)の低下で、これに年齢に伴う体の変化と精神・心理的な要因、社会文化的な環境因子が複合的に影響することで症状が出ると考えられています。」とあります。一方、漢方理論では、更年期障害は腎精(ホル...

その他

2017-10-23

 蕁麻疹というと、一般に食べ物や薬に対するアレルギー反応として起こると思われることが多いようですが、その他、感染、運動や暑さ、寒さ、日光といった刺激などによっても起こります。また、慢性の蕁麻疹の中には、心身のストレスによるものも少なくありません。 38才のA子さん、「1ヶ月...

その他

2017-09-30

便秘                薬剤師 国際中医師 大串一稔 Aさんは、22才。知人の薬局さんからのご紹介。「中学生の頃から少しずつ便秘になり始め、昨年秋から特にひどくなり、時には7日に1回くらいしか排便がない。今まで、麻子仁丸や桂枝加芍薬大黄湯などを服用したことが...

その他

2015-04-14

 中医婦科学によると生理痛は、「痛経」或いは「経行腹痛」と呼ばれ、「月経期或いはその前後に、周期に応じて出現する下腹部や腰部の疼痛のこと。重症では劇痛となり、甚だしければ昏厥に至ることもある。」と定義されています。 今から約千四百年前の漢方の古典である『諸病源候論』には、「...

その他

2015-03-17

 五臓の精血、六腑の清陽の気は経絡を通って、皆、頭に注いでいることから、頭部は“諸陽の会”“清陽の府”と呼ばれています。多くの臓腑、経絡、器官が関連しているため、頭痛を引き起こす原因は多岐にわたります。 気候や環境の影響による「風寒」「風熱」「風湿」「暑湿」「実寒」、ストレスに...

その他

2015-03-13

 ニキビは、皮膚科学では「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」、漢方では「粉刺(ふんし)」と称します。ニキビの発症のしくみを漢方的に考えてみると、まず、「脾は肌肉を主る」といい、臓腑の中では脾胃(消化機能)の不調が中心になることが多く、そこに皮脂の分泌を調節する肝の疏泄(自律...

その他

2014-11-17

 耳鳴とは、実際には音がしていないのにも関わらず、何かが聞こえるように感じる現象をいいます。単側の耳に起きる場合もあるし、両耳に発症する場合もあります。                        漢方では、耳は臓腑でいうと特に肝胆、脾、腎と関連しているといわれ、ストレス...

大串一稔プロのその他のコンテンツ

Share

大串一稔プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
047-426-2076

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大串一稔

漢方療法 元気堂薬局

担当大串一稔(おおくしかずとし)

地図・アクセス

大串一稔プロのその他のコンテンツ