まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鶴田昌生

夢の家づくりを実現する一級建築士

鶴田昌生(つるたまさお)

クレイン建築設計

コラム

夏場に結露

2014年6月16日

 結露といえば普通は冬のお話し。しかし地下部分などでは、梅雨から始まって秋が来るまでの高温多湿の期間、コンクリート表面の結露に悩まされることがあります。

 特に梅雨の始まりの時期は、地下に限らず、一般のコンクリートの外壁でも躯体温度が、外気温になじんでいなくて、案外低かったりします。そこに南からの暖かく湿った空気がやって来て表面がうっすらと汗をかいている、そんな現象に遭遇することがあります。
 今年は5月ごろから異常に暑かったので、例外かもしれませんが・・・。

 住宅の物置などの場合、スペースや費用の関係で、地下部分にコンクリート打放しで作ることがあります。こういう場所では、断熱に注意していてもやはり夏場の結露が心配。

 冬の結露対策の一つに「換気をする」というものがありますが、これは外気が乾燥しているからできること。夏にそれを行うと、湿気をどんどん供給することになるので、却って逆効果になってしまいます。

 そういうタイプの結露対策には除湿が一番効果的。心配な部分では、小型の除湿機を使うことができるように電源コンセントの設置と排水ルートの確保を心がけています。

 本格的な地下室にするなら、湧水対策もかねて二重壁を採用したり、断熱材による排水システムなどを導入するのが間違いのないところでしょう。

この記事を書いたプロ

鶴田昌生

鶴田昌生(つるたまさお)

鶴田昌生プロのその他のコンテンツ

Share

鶴田昌生プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-913-5755

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鶴田昌生

クレイン建築設計

担当鶴田昌生(つるたまさお)

地図・アクセス

鶴田昌生プロのその他のコンテンツ