まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
鶴田昌生

夢の家づくりを実現する一級建築士

鶴田昌生(つるたまさお)

クレイン建築設計

コラム

気持ちの良い自然塗料

2014年5月21日 / 2014年7月4日更新

松脂のさわやかな香り。木材用の自然塗料は、塗装中の香りがそんな感じです。これは当然、天然由来の原料の香りで、石油系の塗料とは大きく違った安心感があります。
この種類の塗料は、木材の方面に塗膜を作らないタイプが多くて、その場合は表面がマットな感じに仕上がります。表面が乾燥状態になると木の繊維を起こす性質があるようで、少々ザラっとした触感。目の細かいサンドペーパーで表面を滑らかにした上で再塗装すると、いい感じの仕上がりになってきます。



これを繰り返せばそれだけスベスベした質感になるのですが、工事として行う場合は費用との相談になってしまいます。現実的には着色した上に、軽くツヤの出るタイプの自然塗料を塗るという仕様に落ち着いています。
欧米からの輸入材の多い材料ですが、あちらでは自宅のメンテナンスは自分で行うという文化があるので、手をかけて仕上げていくのにちょうど良いのかも。北欧製の木製の玄関ドアでは、メンテナンス用に自然塗料が付属するものもあります。
一方、艶々とした光沢感のある木肌を好まれる方もいらっしゃいますので、その場合は一般の家具に使われているような、ウレタン系の塗装材で仕上げたりしています。当然、シックハウスのことに注意しながらですが。

この記事を書いたプロ

鶴田昌生

鶴田昌生(つるたまさお)

鶴田昌生プロのその他のコンテンツ

Share

鶴田昌生プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-913-5755

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鶴田昌生

クレイン建築設計

担当鶴田昌生(つるたまさお)

地図・アクセス

鶴田昌生プロのその他のコンテンツ