まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
橋場健

将来のお金の不安を取り除くファイナンシャルプランナー

橋場健(はしばけん)

ブライトリンクス株式会社

橋場健プロのご紹介

老後の備えは早ければ早い方がいい。将来の不安を感じた「今」が始め時です!(1/3)

ブライトリンクス株式会社の橋場 健さん

貯金があってもなくても、資産運用はチャンスを逃さずご相談ください

 「厚労省と総務省の調べによるとわが国では2060年には高齢化率が40%に近い水準になると推測されています。働き手の人口が減り税収が少なると社会保障が十分に行われない可能性が高くなってきます。現在の30代は2060年には70代。自分の身は自分で守らなければならない時代に突入しているのです」
 と教えてくれるのは、ブライトリンクス株式会社のファイナンシャルプランナー(以下FP)、橋場健さんです。

 橋場さんは、年間数十回のセミナーの講師を務め、個別相談にも応じる人気のFPです。

「現在の60~70代の就労形態は、終身雇用が多く退職金も出て年金ももらえ、老後の不安は少ないかもしれません。しかし、現在の30~40代は違います。親と同じような老後を送れると思ったら間違いです!」
 30~40代は老後の備えとして資産運用をして備えを作らなければ、将来が危ないと橋場さんは話します。

「銀行にお金を預けておけば安心と考えている方は多いと思いますが、実はどんどん資産が減っているのです。アベノミクスでは物価上昇率2%を目標にしており、現在(2018年4月)は2%に届かないまでも物価は上昇し続けています。銀行の金利は普通預金のほとんどが0.001%。物価上昇率に金利が伴わないと資産が減っているのと同じことになるのです」

 今の日本は終身雇用が崩壊し、退職金が出ない企業が増えてきました。銀行の貯蓄だけでは安心できません。

「どのくらい貯めたらいいのか、どうやって増やしていったらいいのか、貯金がある人もない人も悩んでいます」

 橋場さんは、将来に悩む人たちのために月に数回無料セミナーを開催しています。セミナーは基礎的な知識をレクチャーし、個別面談でそれぞれに合うライフプランを提供しています。

「日本ではお金の教育が盛んではないため、社会人になってから“自分の将来は果たして大丈夫だろうか”とお金の不安を感じます。いつでも遅くはありません。思い立ったときが資産運用の始め時です」

橋場健プロのその他のコンテンツ

Share

橋場健プロのその他のコンテンツ